“菅野キラー”西川が大仕事!決勝3号ソロ「もっと出たい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/16
No image

2回、先制ソロを放ち、ナインから手荒い祝福を受ける西川(右)=撮影・吉澤敬太

「広島1-0巨人」(12日、マツダスタジアム)

手に残る、確かな感触があった。大きなフォロースルーの後、広島・西川は右翼へ飛んだ打球の行方を目で追いながら、ゆっくりと一塁へ歩を進めた。チームに勇気を与えた3号ソロは、連敗を止める値千金の決勝弾になった。

「うまく打つことができた」。0-0の二回無死。菅野の内角高めの直球を振り抜いた。見送ればボール球。体をうまく回転させ、高い技術で悪球を料理した。これで右腕に対しては今季打率・375。“菅野キラー”としての存在感を示す一撃だった。

バットは、社会人時代から日本ハム・中田と同じ形状、重さのものをメーカーに発注し使用する。さらに他人の物は決して握らない、というこだわりを持つ。「グリップの太さが違う。感じが狂うのが嫌なんです」。自らの感覚を研ぎ澄まし打席に立つのが流儀だ。

6日のDeNA戦から6試合連続スタメン出場。この日で、出場試合数は昨季と同じ「62」となった。「出場機会は増えていく。レギュラーを目指して頑張ってほしい」と緒方監督。安部が腰痛を患ったことで巡ってきたチャンスを、確実につかみつつある。

「もっと出たい。そのためには結果を残さないと。貪欲にやっていく」と前を見据えた22歳。三塁の定位置を奪い取る戦いに、燃えないはずはない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
阪神投手陣非常事態...ドリスが体調不良で欠場、緊急降板の小野は抹消も
DeNA、プロ野球史上初の3連発サヨナラ勝ち
日本ハムV完全消滅 昨年の王者...35戦も残し
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加