広島・新井、高野山で護摩行「今年もきつかった」石原、会沢、堂林も参加

広島・新井、高野山で護摩行「今年もきつかった」石原、会沢、堂林も参加

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

護摩行で燃えさかる炎に向き合う新井(左)と堂林(撮影・山口登)

広島・新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山県伊都郡高野町の清浄心院で、14年連続となる護摩行に臨んだ。石原、会沢、堂林と共に約90分、燃えさかる炎と向き合った。

「今年もきつかったなと思う。『1年間、しっかり頑張ります』と、そのことを思いながらお経していた」と振り返り、高野山では初の護摩行には「高野山を訪れるのは3、4回目。空気が違う。素晴らしいお寺でやらせてもらって感謝しています」とすがすがしい表情で話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役生活21年。井口資仁がもっともスゴいと感じた選手とは
中日・松坂大輔が誕生 「悔いのない野球人生だったとは思えない」
松坂大輔「中日入団」決定的か!? すでにグッズ用意も
イチロー級の足!阪神D3・熊谷、一塁到達タイム3秒70 非公式記録も虎に衝撃
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加