西武・辻監督、来季続投へ 若手を積極的に起用し4年ぶりCS導く

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/17

今季3位以内を決めた西武の辻発彦監督(58)が来季も続投することが16日、分かった。

同監督は、今季22年ぶりに古巣に復帰すると、大味な野球からの脱却をはかり、1点にこだわる緻密な野球を展開。ドラフト3位・源田(トヨタ自動車)を長年の懸案だった正遊撃手に登用。山川、外崎らの若手も積極的に起用し、3年連続Bクラスだったチームを、2013年(2位)以来のクライマックスシリーズ進出に導いた。

2年契約の1年目で続投は既定路線だったが、球団は手腕を高く評価。鈴木葉留彦球団本部長(66)は「まだ戦いの最中だから」と明言を避けているが「2年契約ですから」と話しており、全日程終了後に正式発表される見込みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武、ロッテに今季初3連敗 辻監督は「あと1歩」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
【 TGS2017】東京ゲームショーレポート3
Scoopie News(スクーピーニュース)
栗山監督 大谷バッサリ「唯一、良かったのは勝ちが付いたこと」
楽天がメキシコ地震で募金活動 助っ人が母国のため直訴、試合後に35人参加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加