中学受験の過酷さは「ブラック企業」並み? 小6秋の「偏差値暴落」に焦った母とパンクした娘

中学受験の過酷さは「ブラック企業」並み? 小6秋の「偏差値暴落」に焦った母とパンクした娘

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2019/11/10
No image

“親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

中学受験塾ではこの時期「受験本番まであと〇日」というカウントダウンの数字が張り出されることが普通だ。世のクリスマスムードとは真逆に、ドンドンと暗い気持ちになっていく親子が増える季節、親が子どもを追い詰めてしまうという事態が、少なからず発生してしまうようだ。

美奈子さん(仮名)とエリカちゃん(仮名)親子も、真っ暗な気持ちになっていた。秋の公開模試が史上最低の結果となって戻ってきたからだ。美奈子さんはその成績表を見て言葉を失ったという。

「今まで、目にしたこともないような偏差値でしたし、志望校別合格確率の欄は第5志望に至るまで、全て『受験校再考』を促す記述で埋められていました」

そこで、焦った美奈子さんは我を忘れて、エリカちゃんを罵倒しまくったらしい。

「どうするつもり、こんな成績で?」
「ここ! こないだもミスった! 何やってるのよ、頭悪すぎ!」

黙ってうなだれているエリカちゃんに向かって、美奈子さんはこう命令したという。

「とにかく今日からは、ママが決めた課題をやってからじゃないと寝ちゃダメ!」

中学受験界は時に過酷で、ブラック企業で働いているような状況に陥ることがなきにしもあらず。小学校で普通に授業を受けた後、休憩もなく塾に行き、そこで午後9時くらいまで講義に参加、自宅に戻ってからも復習が待っている。さらに、土日はテストと、こうしたスケジュールが、中学受験では「一般的」なのだ。

エリカちゃんの場合、これらに美奈子さんが課した「受験対策プリント」が加わったため、眠るのが深夜1時を過ぎることが多くなっていたそうだ。当然、エリカちゃんは小学校で居眠りばかりしているので、担任の先生が心配して、美奈子さんに連絡をくれたそうだ。

しかし美奈子さんは、この先生が「受験反対主義」なのだと思い込み、その心配の声を封じてしまったという。

「でしたら、エリカは明日から、学校へは行かせません!」

美奈子さんは当時のことを思い返して、その切迫した心境を教えてくれた。

「とにかく、『時間がない!』って焦っていました。学校に行くくらいなら、過去問をやらせた方が良いと思ったんです……」

そこで、エリカちゃんの生活は、「自宅学習→塾→自宅学習」というものになったそうだが、そんな生活が続いた1カ月後、事件が起きた。エリカちゃんがテスト用紙を塾の水洗トイレに流して、詰まらせたのだ。

塾に急行した美奈子さんに、室長は静かにこう言ったという。

「お母さん、これは明らかにキャパオーバーから来たものです。エリカちゃんを叱ってはいけません。お母さん、受験はまずは本人がやる気にならないとダメなんです。誰かにやらされているうちは決して伸びません」

ただただ呆然としていたという美奈子さんに、室長はこう続けたそうだ。

「どうです? あなたは応援団長に回って、エリカちゃんのことは我々に任せてもらえませんか?」

その後、室長はエリカちゃんを別室に呼び出して、微笑みながら「学校には行きたい? 行きたいなら、行っていいんだよ」と声をかけてくれたそうだ。当時のことを、エリカちゃんが次のように振り返る。

「室長は、『もちろん、社会科見学にも行っていいし、学校のクリスマス会も楽しんでおいで』と言ってくれたんですよね。あと、『実力は十分身に付いているんだから、受験は大丈夫』『この室長先生が太鼓判を押しているだから(笑)!』とも」

そのときエリカちゃんは「叱られる」とばかり思っていたため、室長の言葉に「びっくりした」という。

「あの時、トイレを詰まらせるというとんでもないことをしたにもかかわらず、室長先生はそのことには一言も触れませんでした。それどころか、私を励ましてくれたんです……。それで、私に『どうしたいのか?』ということを丁寧に聞いてくれました」

エリカちゃんはT学園に行きたいこと、その学校の吹奏楽部に入りたいこと、小学校にも行って友達と会いたいこと、クリスマス会にも出たいこと、そしてお母さんを悲しませたくないことなどをポツリポツリと話したそうだ。
「『自分の思ってることを、言っていいのかな?』って、不思議な感覚だったことを覚えています。なんというか、生まれて初めて、誰かに『エリカは、本当はどうしたいの?』って聞いてもらえた気がしました」

それから室長は「エリカスペシャル・T学園への道」と称して、T学園用のオリジナルプリントを作って、エリカちゃんに渡してくれたそうだ。美奈子さんはそれを見て、完全に目が覚めたという。

「実は、エリカがそれほどT学園に強い思いを持っていたことを知らなかったんです。私は、S学園に入ってほしくて、躍起になっていて、エリカもきっとそうだろうって。でも、それは私の勝手な思い込みで、エリカの希望じゃなかった……」

そして、受験本番。エリカちゃんは、見事にT学園の合格切符を得た。時が流れるのは早いもので、あれから10年の歳月が流れ、先日、エリカちゃんから、筆者の元に連絡が入った。

「私、春から、塾に就職します! ええ、あの中学受験塾です。今度は私が、私のような子を救ってあげたくて!」

美奈子さんも、もちろん、あの時の室長もこの報告をとても喜んでいると聞いている。
(鳥居りんこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無印良品の99円アイテムが、家中にあちこち置いておきたくなる隠れた逸品だった...│マイ定番スタイル
ホリエモン、盗撮を注意してまさかの逆ギレ 「マジか」「大変やな...」
大人の吹き出物は体内からのSOS!どこの不調が現われたのか一目でわかる「フェイス・マッピング」の基礎知識
年収1200万円夫婦が、4000万円の住宅ローンで「地獄を見た」ワケ
届いたAmazonの箱を開けたら... 「こんなの初めてでパニック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加