村上佳菜子、羽生の公式練習を解説 ジャンプ後の様子に「着地がズレるとピリッと来ちゃうんだと思う」

村上佳菜子、羽生の公式練習を解説 ジャンプ後の様子に「着地がズレるとピリッと来ちゃうんだと思う」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

プロフィギュアスケーターでタレント、村上佳菜子(23)が14日、TBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」(月〜金曜前8・0)に出演。フィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=が13日、会場の江陵(カンヌン)アイスアリーナの本番リンクで行った公式練習について解説した。

村上は「確認しながら滑っているなというふうに見えますよね」と羽生の滑りを評し、4回転ジャンプについても「4トーループ+1ループ+3サルコーの3連続ジャンプなんですけど、すごく落ち着いて確認しているなと思います」と語った。

羽生が3回転ジャンプの後の動きについて「ちょっと(足を)上げている仕草があったので、もしかしたら痛かったのかなと思ったんですけど」と指摘。昨年11月の練習中に負傷した右足首について「もともと完全に治ってはいないのかなと、いまのしぐさを見て思うんですけど」と語り「きれいに降りれればたぶん痛くないんだと思うですよね。ちょっと(着地が)ズレちゃうと、やっぱり痛めていた場所なのでピリッと来ちゃうんだと思うんですけど」と同じ競技者として推測した。

羽生はこの日、フリーで使用する曲「SEIMEI」に合わせて合計5度の4回転ジャンプを披露した。「羽生選手らしい、素晴らしい軸がまっすぐとした、しゅんと釣り上げられたような、きれいな軸のジャンプだったと思います」と評価した。

No image

村上佳菜子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ベタベタしすぎ」宇野昌磨の樋口コーチに心ないバッシングが相次ぐ理由
浅田真央にイライラを募らせる日本スケート連盟
羽生結弦“ショートトラックごっこ”でまさかの転倒 エキシビション練習
フィギュア・宮原知子が4位入賞 松岡修造の「神インタビュー」に称賛の声
15歳ザキトワが金!宮原4位 坂本6位 日本女子2大会ぶりメダルならず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加