崖っぷちナショナルズ快勝でタイに!ストラスバーグが7回12K無失点の快投

崖っぷちナショナルズ快勝でタイに!ストラスバーグが7回12K無失点の快投

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/10/12
No image

崖っぷちナショナルズが快勝!

【ナ・リーグ地区シリーズ第4戦】
● カブス 0 - 5 ナショナルズ ○
<現地時間10月11日 リグリー・フィールド>

ナ・リーグの地区シリーズ第4戦が現地時間11日(日本時間12日)に行われ、崖っぷちのナショナルズが快勝。対戦成績を2勝2敗のタイに戻し、最終戦へと望みをつなげた。

カブスに王手をかけられた後、雨天中止で1日休みを挟んで行われた第4戦。ナショナルズはもともと登板予定だったロアークがスライドする予定となっていたが、急遽初戦で先発した怪物・ストラスバーグが中4日で先発した。

前日までは体調不良に苦しみ、直前まで登板するかどうか不明だったという右腕であるが、初回から2つの三振を奪う上々のスタート。2回はゾブリストの二塁打などで一・三塁のピンチを迎えたが、後続を斬って無失点で切り抜ける。

すると、先制点をもらった直後の3回は3連続三振の快投。4回もアウト3つをすべて三振で奪い、7回にはこの日2度目の3者連続三振。援護は1点だったが、7回を106球、3安打、2四球、12奪三振の好投でカブス打線を封じた。

右腕の魂の投球に触発されたか、打線はその裏テイラーにグランドスラムが飛び出して一気に4点を追加。5-0とリードを広げると、8回はマドソン、9回はドゥーリトルと繋いで完封リレー完成。負けたら敗退決定という崖っぷちのナショナルズが敵地で快勝を収め、本拠地で行われる最終戦へ望みを繋いだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】WS制覇はドジャース、米メディア予想 救援陣高評価、前田健太も「輝ける投球」
アストロズのバーランダー移籍後9勝0敗で即MVP
【MLBプレーオフ】WS制覇へドジャースに追い風、腰痛シーガーがロースター復帰 指揮官明言
【MLBプレーオフ】ダルビッシュWS第3戦先発と監督発表「スケジュール通りで投げさせたい」
【MLB】上原浩治、来季は「白紙の状態」 現役続行へ意欲も「無ければ、終わり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加