「ホログラフィック」と本当に名乗っていいの? 米MS担当に聞く「HoloLens」命名の理由

「ホログラフィック」と本当に名乗っていいの? 米MS担当に聞く「HoloLens」命名の理由

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/30

現実世界に3Dのオブジェクトを重ねて表示できる、複合現実ヘッドマウントディスプレイ(MR HMD)「Microsoft HoloLens」の国内投入が2017年初頭に決定し、12月2日に予約受け付けを開始すると日本マイクロソフトが発表した

同社は、HoloLensを「世界初の自己完結型“ホログラフィック”コンピュータ」と表現する。そしてそれらを内包するプラットフォームを「Windows Holographic」と呼んでいるが、正しい定義に従えばHololensで使われている技術はホログラムではない――そんな指摘が一部から挙がっている(関連記事)。

なぜ米MicrosoftはこのデバイスにHoloLensと名付けたのか、そしてユーザーから指摘されている「視野角の狭さ」にどういった意図があるのか。来日した米Microsoft Windows & デバイスグループ ビジネス戦略担当ディレクターのベン・リードさんに話を聞いた。

「ホログラフィックコンピュータ」と称する理由は

「ホログラム」とは、物体を光の干渉により立体的に記録して実空間上に映像として浮かび上がらせる技術だ。もともとはギリシャ語で「全てを記録する」といった意味合いを持つ言葉から由来している。リードさんはHoloLensのネーミングについて次のように語る。

「もともと“ホログラフィック”という言葉は、ギリシャ語で『全体』と『描写する』という言葉から来ている。HoloLensは物体を“光で描く”(表示する)ということ、そして3Dで“全体的に見られる”ことから、『ホログラフィックコンピュータ』と表現し、HoloLensとネーミングした」(リードさん)

米国のテレビドラマ「スタートレック」に登場する未来技術「ホロデッキ」のように、数多くのSF作品には、実際に存在しないものをその場に出現させる――そんな技術がよく登場する。リードさんはHoloLensのような複合現実技術が出現するのはコンピュータが進化する次のステップとして自然な流れと主張する。

「私たちが住んでいる世界は3次元だ。(コンピュータのディスプレイを見つめるような)2次元の世界に縛られる必要はない」(リードさん)

視野角の狭さは意図したもの

国内では、既に日本航空(JAL)がHoloLensを使った業務アプリケーションをパイロットの訓練で活用するなど、昨今のコンシューマー製品で盛り上がる「バーチャルリアリティー」と(VR)は異なるMRの特性を生かした利用が徐々に始まりつつある。

そんな中で、既に利用したユーザーからは「HoloLensは視界上に3Dグラフィックを表示できる範囲が狭い」という指摘が挙げられている。VR HMDは没入感を向上させるために広い視野角を確保するのが課題となっているが、リードさんはこの件に関して「HoloLensの視野角は意図的なものである」と説明する。

「VRは『仮想世界にいるんだ』ということを頭で納得する必要がある。そのためには広い視野角が必要だ。しかし、HoloLensは現実から引き離すデバイスではない。現実世界が見えるほうが重要。周囲が見えることで、装着したまま安全に歩き回れるよう意図している」(リードさん)

さらに、視野角が狭い理由として描写するグラフィックの密度向上を挙げる。

「HoloLensでは、広い視野角よりも表示される物体が本物のように見えること、細かい文字がしっかり読める高精細さを重視している。これはビジネス用途で最重視されるものだ。中央に視線を合わせたとき、他の場所に目のフォーカスは合わない。視野角を広げるよりも、表示されるグラフィックの密度を上げることが最優先される」(リードさん)

HoloLensのようなMR HMDデバイスは、自動車のモデリングといったクリエイティブな作業や、機械メンテナンスの作業員をサポートするなど、ビジネスでの利用が多数提案されている。そういった用途では、見渡せる範囲よりも高品質な表示クオリティーが求められるという。

日本の開発者に期待することは?

HoloLensの国内投入により、Windows Holographic関連におけるアプリケーション開発の機会が増えることが見込まれるが、同社が日本のデベロッパーに期待することは、より多くの人がHoloLensに触れることでアイデアが拡張されることだという。

「どんなアプリケーションが作れるかは、あくまで人々の想像力にとらわれてしまう。1人1人の想像力に限界がある中でも、より多くの人々、企業、市場、国が(Windows Holographicに)関わることでイマジネーションの幅が広がるはずだ」(リードさん)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
140倍に拡大が可能!超ポータブルな“折り紙顕微鏡”「Foldscope」
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
F1のステアリングホイールの60年分の進化の歴史を一気に見るムービー
GoogleのAR技術Tangoに世界初対応のスマホ「Phab 2 Pro」がついに日本発売
カシオ、あえて190万画素しかないビデオカメラ開発―その理由は夜も撮影できる高感度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加