塔頭の紅葉庭園こそ見るべし!京都「栄摂院」は和の芸術!

塔頭の紅葉庭園こそ見るべし!京都「栄摂院」は和の芸術!

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2016/10/20
No image

塔頭の紅葉庭園こそ見るべし!京都「栄摂院」は和の芸術!

京都市左京区に位置し、「金戒光明寺」の塔頭と呼ばれる小院の「栄摂院」は、1589年に戦国武将である木俣守勝によって創建されました。普段は公開されていませんが、晩秋の紅葉の時期のみ特別公開されます。境内庭園には色とりどりの紅葉が植えられ、枯山水との相性もバッチリ!穴場度も非常に高いため、落ち着いて紅葉観賞が可能!書院の縁側に座って色彩豊かな紅葉庭園を眺めながら、和を感じるひとときを過ごしてみよう!

■塔頭といえども立派な山門が出迎えてくれる

No image

写真:木村 優光

「栄摂院」は「金戒光明寺」の塔頭で、位置的には「金戒光明寺」境内の西にあり、北側には紅葉の大名所として名が知れ渡った、「真正極楽寺(真如堂)」が控えます。紅葉の名所に挟まれた形の位置関係ですが、「栄摂院」は知る人ぞ知る紅葉の隠れ名所!なかなかその存在を知る人はなかなかいません。

しかし、「金戒光明寺」と「真如堂」を結ぶ寺院内参拝路上に山門がありますので、注意しながら歩いていれば、「栄摂院」の山門を見つけることはできます。塔頭ですが、朱色に塗られた鮮やかな山門からは、中の様子を伺うことができます。覗き込むように内部を見ると、境内の奥側に立派でなおかつ真っ赤な紅葉が植えられています。

ゆっくりと中へ足を踏み入れると、手前には墓所があり、本当に入っても良いのか躊躇しそうな雰囲気ですが、迷わずさらに進んでみましょう。ちなみに立入が禁止されている場合は、その場所に簡易的な柵が設置されています。

■山門をくぐれば本堂横に真っ赤な紅葉が!

No image

写真:木村 優光

山門をくぐってまず驚かされるものとしては、本堂横に植えられた巨大な紅葉!色合いも真っ赤で、本堂とのコラボレーションは素晴らしすぎます!しかも周りが青々とした木々に囲まれているため、真っ赤な色彩がさらに浮かび上がり、一躍人気者状態!

『紅葉』という漢字は『くれないのはっぱ』と書きますが、ここの紅葉は『くれない』と言うよりか『赤』!燃え上がるような紅葉に魅了されない人なんているはずがありません。横には著名人が眠る墓所があり、先へ進む前に手をあわせると良いかもしれませんね。

■中門をくぐると目の前は別世界!

No image

写真:木村 優光

上の真っ赤な紅葉を見た後は、寺社建物のある側にアクセスしてみましょう。中門があるのでいざ中へ!すると今までいた世界とは異なる空気が流れる空間に出くわします。当然のごとく、初見の方は中門で立ち尽くしてしまいます。

枯山水庭園に覆いかぶさるような、色とりどりの紅葉と、枯山水周りの苔との相性が絶妙すぎて、しばし見とれること間違いなし!まさにここだけの世界観があるようで、流れる時間を気にせず何時間でも見ていられる感覚になります。

書院の縁側は座ったまま庭園を眺めることができるスペースとなっているため、ゆっくり庭園を眺めたい方は、縁側に座ってみましょう。庭園の中には仏様がいらっしゃり、石灯籠が置かれています。この配置レイアウトがまた絶妙で、訪問した人の心を掴んだまま離さないかのようで、ついつい長居してしまいます。これぞまさに京都マジック!

■書院の建物の裏へ回り込んでみると・・・

No image

写真:木村 優光

書院の縁側からさらに建物沿いの裏へ回り込んでみると、紅葉はもちろんのこと、竹林が姿を現します。またここも色彩コントラストが非常に美しく、しばし見とれてしまいます。立ったままですと疲れてしまうので、書院の縁側に腰を下ろして、しばし観賞してみましょう。

そして、さらなる奥には井戸がありますが、この井戸から引いた水は『黒谷明星水』と呼ばれ、京都名水のひとつに数え上げられるほど!『黒谷』は「金戒光明寺」の別名で、『明星水』は、井戸から湧き出た水に空から明星が落ち、そこから菩薩様が現れたとの言い伝えからです。

そして当時の皇族や公家の方々は、この明星水を利用して、茶を楽しんだそうです。とても由緒ある水ということですが、現在は井戸の間近まで立ち入ることができず、明星水を一目見ようとしても見ることができないのが残念です。しかし、井戸自体は立入可能範囲から見ることができますので、一目見ることをオススメします。

■「栄摂院」を含めた周辺のオススメ散策コース

「栄摂院」の半径1km圏内には、「平安神宮」「真如堂」「金戒光明寺」など、京都を代表する寺院がたくさんあり、それらを含めて「銀閣寺」まで辿れば、京都市洛東の名所はほぼおさえることができます。

「栄摂院」へのアクセスも京都駅から市バスを利用すれば1本!名所をたくさん観光したい方は、主要駅前などからレンタサイクルの利用がオススメ!

関連MEMO

浄土宗大本山・くろ谷 金戒光明寺

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女として見れねぇ......! 「幼児体型な女性」の特徴6つ
仰天!江戸時代の「避妊術」がスゴい
老舗温泉ホテルの熾烈な価格競争 1泊2食で6000円以下も
【気持ち分かる?】みんなの「小っせーけど、どうしてもイライラしてしまうこと」30連発
「2時間飲み放題」で酒が出てこない、返金要求できる? マツコは店に配慮「大変よ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加