日本ハム大谷12日に右足首手術「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため」

日本ハム大谷12日に右足首手術「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

日本ハムの大谷翔平

日本ハムは11日、大谷翔平投手(23)が12日に都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受けると発表した。

今オフにポスティングシステムによるメジャー挑戦の意思を固めている大谷。来春のメジャーキャンプへ万全を期すため、手術に踏み切る。右足首は昨年の日本シリーズで痛めた箇所。今春キャンプ中から右足をかばっていたことで、開幕直後の左太もも裏肉離れを誘発する原因となっていた。

大谷は球団を通じ「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるよう、手術後はリハビリと練習に努めます」とコメント。早期完治を目指し、夢の舞台に備える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人高橋由伸監督「食べ過ぎた」ティー打撃で汗流す
ソフトバンク・守護神サファテ、最後は“ご褒美”の胴上げ登板「これ以上ない感情」
日本航空石川vs高岡商
高校野球ドットコム
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加