岡山赤嶺「悪いイメージない」PO決勝でも1発狙う

岡山赤嶺「悪いイメージない」PO決勝でも1発狙う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

PO決勝に向けて笑顔で練習するJ2岡山MF矢島慎也(左)とFW赤嶺真吾(撮影・小杉舞)

J2岡山のFW赤嶺真吾(32)が30日、岡山市内で昇格プレーオフ(PO)決勝C大阪戦(12月4日、金鳥スタ)に向けて練習を再開させた。

準決勝では、このままなら敗退が決まる1-1の後半ロスタイムに劇的弾を挙げ、決勝の舞台へ導いた。「次に進めたので、また挑戦できるという思い。楽しみですし、やりがいがある」と、気持ちを高ぶらせた。

相手は日本代表MF山口や、元日本代表FW柿谷らJ2屈指の戦力を擁するC大阪。岡山はこれまでの対戦で2分け5敗と勝利したことがない。それでも準決勝のヒーローは「個人的には悪いイメージはない。一発勝負。(攻撃を)やり続けたいな、と思う」。

今季G大阪から期限付き移籍で加入。G大阪では昨季13試合無得点と苦しんだが、今季は岡山で出場停止となった1試合を除き41試合に出場し4得点した。地道に努力を重ねてきたことがPOでのゴールにつながったが「(努力が報われたかは)次勝った時に言える。勝ちたい」。決勝でも、チームを救う1発を挙げ、初のJ1昇格へ貢献する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
相葉雅紀似の鹿島土居が4強弾だ!嵐巻き起こす
「違いを見せないと」明大の甲府内定DF小出&MF道渕、吉田達磨新監督視察の前で存在感
サガン鳥栖サポーター400人の前で最後の練習 退団・金民友“惜別ゴール”
鹿島永木FK決める「セットプレーで点取れれば楽」
盛田40歳4カ月最年長/サッカートライアウト名簿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加