「川島のGKグローブをズームすると...」フランスで“屈辱的なネタ”に

「川島のGKグローブをズームすると...」フランスで“屈辱的なネタ”に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/06/25
No image

日本代表は24日、ロシアW杯グループリーグ第2節でセネガル代表と対戦し、2-2で引き分けた。

GK川島永嗣は前半11分にDFユスフ・サバリのシュートをパンチングで弾くと、目の前のFWサディオ・マネに当たったボールがネットを揺らし、先制点を献上。結果的にチームは勝ち点1を拾ったが、自身は大会前の国際親善試合から安定感を欠く守備が目立っている。

スポーツ賭事を行うフランス『ベットクリック』は日本の失点直後に公式ツイッター(@Betclic)を更新。「川島のGKグローブをズーム」というコメントとともに1枚の写真を掲載した。その写真は両手を合わせたGKグローブの中央部分を丸い形に切り抜いたもので、どんなシュートも止めることができないといった意味が込められていると思われる。

自身がプレーするフランスでネタにされてしまった川島。28日に開催されるグループリーグ最終節のポーランド戦で活躍を見せ、周囲を見返すことができるだろうか。

No image

Zoom sur les gants de Kawashima#JPNSEN— Betclic France (@Betclic)2018年6月24日

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送

Zoom sur les gants de Kawashima #JPNSEN
— Betclic France (@Betclic)
2018年6月24日
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「キャップ似合わなすぎ」 吉田麻也&大迫勇也、W杯後の“バカンス2ショット”公開
C・ロナウドだけにとどまらず。ジダンもユベントスへ“移籍”か
なにもかもが桁外れだったフランス代表の凱旋ドキュメント。大統領宮殿では抱腹絶倒の展開が...
長谷部 ベルギー戦で「腰折れてた」...石橋貴明が明かす
W杯初出場で奮闘のアイスランド、指揮官が辞任...ユーロでは8強入りの快挙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加