最新ランキングをチェックしよう
「拳銃を撃ちたくても撃てない」という日本の警察のジレンマ

「拳銃を撃ちたくても撃てない」という日本の警察のジレンマ

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/07/18

世間を震撼させた富山県の交番襲撃事件。元自衛官の男が拳銃を強奪、結果として2人の人命が奪われた。じつは元自衛官による交番襲撃事件は過去に都内でも起きていたが、その教訓は活かされなかったーー。
警察官の命とも言える拳銃だが、実際に発砲されることは少ない。たとえ凶悪犯と対峙しても軽々とは撃てない、そのジレンマを、警察事情に詳しいジャーナリスト、今井良氏が解説する。
元自衛官によるもうひとつの襲撃事件

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元バルサのアルダ、なんと懲役12年6ヶ月が求刑される
【報ステ】記者暗殺疑惑 サウジ・アメリカ応酬激化
著名ジャーナリスト、謎の失踪、サウジが暗殺か、トルコと対立
リベリアで開校の学校で組織的レイプ発覚、米慈善団体が過ち認める
カナダも同調、高関税が世界の潮流になる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加