最新ランキングをチェックしよう
「拳銃を撃ちたくても撃てない」という日本の警察のジレンマ

「拳銃を撃ちたくても撃てない」という日本の警察のジレンマ

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/07/18

世間を震撼させた富山県の交番襲撃事件。元自衛官の男が拳銃を強奪、結果として2人の人命が奪われた。じつは元自衛官による交番襲撃事件は過去に都内でも起きていたが、その教訓は活かされなかったーー。
警察官の命とも言える拳銃だが、実際に発砲されることは少ない。たとえ凶悪犯と対峙しても軽々とは撃てない、そのジレンマを、警察事情に詳しいジャーナリスト、今井良氏が解説する。
元自衛官によるもうひとつの襲撃事件

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「全てがビジネス」、ロヒンギャ難民危機で駆動する経済 バングラ
失くしたと思ったコンタクトレンズが瞼の裏に 28年ぶりに除去(英)
イタリア高架橋崩落、再建と補償に630億円準備 運営企業
中国のホテルに宿泊、「入らないで」の札を掛けたのに勝手に入られる=残されたメモには驚きの理由が―香港サイト
フランス製の風変わりな水陸両用車「ホビーカー」が、湖を航走中に沈没!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加