近鉄、「新型名阪特急」を新造 全席に背もたれが倒れてこない”バックシェル”を初採用

近鉄、「新型名阪特急」を新造 全席に背もたれが倒れてこない”バックシェル”を初採用

  • Traicy
  • 更新日:2018/01/12
No image

近畿日本鉄道は、大阪難波〜近鉄名古屋駅間を運行する「新型名阪特急」を新造し、2020年春より運行を開始する。

「くつろぎのアップグレード」をテーマに、座席幅を広く確保し、全席に日本初となるバックシェルを備え、後の席の人を気にすることなくリクライニングできるようにした。空気清浄機や防犯カメラ、電源、ユーティリティスペースも設けている。6両編成を6編成と、8両編成を3編成の計72両を新造する。投資額は約184億円。

No image

先頭車両は「ハイグレード車両」として3列シートとし、座席前後幅はアーバンライナーより25センチ広い、130センチを確保した。電動リクライニング、電動レッグレスト、高さ・角度調整機能付きヘッドレストを設け、横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションも設置する。中間車両は4列シートで、座席前後幅は116センチ。ガラス製の荷棚と仕切扉を用いることで開放感を持たせた。

No image

訪日外国人への対応を強化し、全車両に大型の荷物を収容できるロッカーなどの荷物置き場を設置し、無料Wi-Fiも設置。車内表示器は日本語、英語、中国語、韓国語の4言語に対応する。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
積雪急増中 およそ半日で50センチ!
【逆襲】明日1/24は冬将軍が再び大暴れしてヤバイことになるらしい / 最強クラスの強い寒気が襲来か
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
雪かきで「お湯はダメ」助言が続々 本当?除雪の「プロ」の意外な見解
少女が歩道橋から飛び降り 脅され妹の身代わりに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加