Samsung、3億ドル(約331億円)の自動運転技術向けファンド設立

Samsung、3億ドル(約331億円)の自動運転技術向けファンド設立

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/09/15
No image

韓国Samsung Electronicsは9月14日、自動運転技術ベンチャーなどへの投資を目的とした総額3億ドルの投資ファンド「Samsung Automotive Innovation Fund」を設立したと発表した。

スマートセンサー、マシンビジョン、AIなどを含むコネクテッドカーおよび自動運転技術の関連企業に投資する。

まずは「ADAS(先進運転支援システム)」を手掛けるオーストリアのTTTechに7500万ユーロ(約10億円)出資した。

同社はまた、昨年11月に買収した米音響機器メーカーHarman International Industriesと共同で、自動運転およびADASに関する戦略を推進する部門「SBU」を設立したことも発表した。「次世代のスマートなコネクテッドカーのためのイノベーションを開発する」という。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米WD、半導体売却で“反発” 東芝単独の投資差し止め申請
ホリエモン スナックのすごさを語る
未来の東京で未来の車を体験...今年のモーターショー
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
【東芝メモリ売却決定】東芝半導体子会社売却の舞台裏 二転三転の激しいせめぎ合い、「劇場型買収劇」に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加