最新ランキングをチェックしよう
スマホ国家・中国で起きた「サイバー三河屋」大暴動の顛末

スマホ国家・中国で起きた「サイバー三河屋」大暴動の顛末

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/08/13

ここ半年ほど、日本では中国の社会のスマート化が驚きをもって報じられるケースが増えている。いまや中国のスマホ普及率は58%で(日本は39%)、都市部だけなら9割以上に達するという「スマホ国家」。大都市圏を中心として、QRコードの読み込み機能を使ったスマホの電子決済も、個人経営の商店や街角の屋台にいたるまで広く普及している。
ゆえに急成長を見せているのが、シェア自転車やタクシー配車アプリなどの、スマホ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国のマクドナルドで“また”生焼けパティのバーガー?購入者が激怒=韓国ネット「不買運動に協力しなかった客の責任」「これがもし日本だったら...」
職員が相次ぎ自殺した韓国の公的機関、3人に1人がうつ病と認定=「最近はどこの職場も似たようなもの」と韓国ネットはため息
日本はなぜ明治維新から短期間で国力を高め、日清戦争に勝つことができたのか=中国
12月以降に北朝鮮を軍事攻撃、米国が安倍首相に伝達で衆院選前倒しか...有事想定で準備か
「文大統領が米国で冷遇を受けた!」韓国議員の指摘に、韓国ネットが反発=「言いがかりだ」「安倍首相だったら...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加