うつろう美人たち「生誕120年 東郷青児展」-夢と現(うつつ)の女たち

うつろう美人たち「生誕120年 東郷青児展」-夢と現(うつつ)の女たち

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/02/15

2月16日(金)から あべのハルカス美術館

1930年代の昭和モダンを思わせる、どこか懐かしい女性像でおなじみの画家、東郷青児(1897〜1978年)。その「青児美人」誕生までをたどる「生誕120年 東郷青児展-夢と現(うつつ)の女たち」が16日から大阪市阿倍野区のあべのハルカス美術館で開催される。(正木利和)

市民文化を象徴するような女性たちを描いた東郷の「美人画」は、時代に沿ってそのスタイルを少しずつ変化させてゆき、1950年代の終わりには、独自の様式美を完成させた。

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館の中島啓子・主任学芸員によると、今回はその東郷の働き盛りである30代から50代にかけての仕事にスポットを当てたのだという。

作曲家、山田耕筰や画家の有島生馬、藤田嗣治など、人生の先輩たちにかわいがられた東郷は、女性にももてた。若くしてフランスに渡り、芸術の都、パリで流行の美術を身につけ、ハンサムな容姿なのだから、女性の方も放ってはおかなかったようで、妻がいながら若い女性と情死騒ぎを起こしたり、それを取材にきた小説家、宇野千代と恋仲になったり…。

私生活同様、画業も華やかに変化した。公募展の二科に前衛的な「パラソルさせる女」を初出品、華やかにデビューしたのが1916年。渡仏後、サーカスや風景、女性像などさまざまな対象を描きながら自分のスタイルを探し、帰国後は縦194センチの大作「手術室」をはじめ、科学技術やレジャーなどモダンなテーマを描いてゆく。

「美人」の様式が形成され始めるのは落ち着きをとりもどした1930年代の半ばすぎから。藤田嗣治と交流することで、富裕層を顧客にもつ百貨店とつながり、藤田の「海の幸」と対をなす壁画「山の幸」を描いたり、化粧品のポスターや雑誌の表紙にモダンな洋装の女性たちの姿を描き、都市で花開いた大衆消費社会のイメージを牽引(けんいん)した。

個展を通じて一般家庭にも普及していった東郷の絵画は、大衆性があり、モダンで優美、さらに高い装飾性が上品な華やぎを感じさせることもあって、戦後は会社の重役室や喫茶店などにも飾られるようになってゆく。「望郷」などは、そうした絵画の完成形といってもいい。

少しずつ新しいことに挑み、変貌を遂げてゆく東郷の「美人画」をたどることは、遠くなりゆく「昭和」という時代を改めてふりかえることでもある。

【プロフィル】東郷青児

とうごう・せいじ 1897(明治30)年、鹿児島市生まれ。本名・鉄春。幼少時に東京に転居。青山学院中学を卒業したことが、青児の名の由来となったといわれている。竹久夢二作品の下絵描きなどを経て、洋画家の有島生馬に私淑。19歳のとき第3回二科展に初出品した前衛的な「パラソルさせる女」で入選、脚光を浴びる。フランス留学後、未来派などの影響を受け、帰国後は甘美な女性像が本や雑誌、包装紙などに多く用いられることで、昭和の美人画家として名をなした。戦後は二科展の派手な宣伝を企画するなどし、「二科会のドン」と呼ばれた。1978(昭和53)年没。

■スペシャルトークショー「ピーコが語る、東郷青児にとっての女性の魅力とは」

3月3日(土)午後2時〜午後3時

・出演=ピーコさん(タレント)

・会場=あべのハルカス25階会議室、聴講無料 (先着270人まで、要展覧会チケット)

※当日午後1時半より同ビル25階で受付。

■「青児美人」に学ぶ 美肌メイク

3月17日(土)午後3時より約30分

・講師=長谷川隼介さん(ボビイ ブラウン ビューティーチーム メイクアップアーティスト)

・会場=同美術館前ロビー、参加無料

【会期】 2月16日(金)〜4月15日(日)

【会場】 あべのハルカス美術館

【アクセス】 近鉄大阪阿部野橋駅下車すぐ。

あべのハルカス16階

【当日券】 一般1300円、大高生900円、中小生500円

【問い合わせ】 同館((電)06・4399・9050)

※詳細やそのほかのイベントについてはをごらんください。問い合わせは同館。

■主催 あべのハルカス美術館、産経新聞社、関西テレビ放送

■後援 公益社団法人二科会

■特別協力 損保ジャパン日本興亜

No image

「望郷」(1959年、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
青学受験の田村淳、入試結果を発表
野性爆弾くっきーが最高月収告白
木村拓哉『日本アカデミー賞』最優秀賞に輝かなければ「近藤真彦」路線にも
新婚・菊地亜美、旦那の“チャラすぎ過去”のせいで祝福が一転、「すぐ離婚!」と悲観する声が......
河相我聞のラーメン店が閉店していた「とんでもない理由」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加