さめざめ、12月をもってライブ活動休止「様々な伝えかたで表現していきたい」

さめざめ、12月をもってライブ活動休止「様々な伝えかたで表現していきたい」

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/16

さめざめが12月をもってライブ活動を休止することを発表した。

No image

さめざめ

今回のライブ活動休止の理由について笛田サオリは「『女性』に伝えたいことが、音楽以外の表現でも生まれたということです。文筆家として、アクセサリー作家として、音楽作家として様々な伝えかたで表現していきたいという気持ちが強くなりました」と説明。さらに現在の心境を「『休止』という言葉は、捉え方によってはとても悲しく見えてしまいますが今の私にとってはさめざめを始動した2009年の頃のあの衝動と同じものが起こっています」と語っている。

さめざめは9月29日に大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE、9月30日に愛知・RAD SEVENにて最新ミニアルバム「東京ポルノ」のレコ発ライブを開催。活動休止前ラストライブは12月5日に東京・下北沢440にて行われるさめざめ主催のアコースティックライブ「アコースティック」となる。チケットはイープラスにて発売中。

笛田サオリ コメント

私の人生の転機となったのは、さめざめを始動した2009年でした。
それはとても大きな決断でした。
さめざめを始動し、メジャーデビューをしたり、子宮頸癌になったりと
様々なことがありましたが、インディーズに帰った今の今まで120%音楽に対する一途な気持ちで活動してきました。

私がさめざめを始めた理由は、女性がいつも心のなかに隠し続けている想いを言葉や音や声に変換してたくさんの女性に伝えたいというものでした。
それは今も変わっていません。

ただひとつ変わったことがあるとすれば、「女性」に伝えたいことが、音楽以外の表現でも生まれたということです。

文筆家として、アクセサリー作家として、音楽作家として様々な伝えかたで表現していきたいという気持ちが強くなりました。

そして今年の12月を持って、さめざめとしてのライブ活動を一時休止することを決意しました。

ライブを休止している間は、別の表現の仕方で「さめざめ」として「笛田サオリ」として女性が生きていく上で感じる痛みや幸せ、恋をする喜びや苦しみを伝えていきたいと思っています。

「休止」という言葉は、捉え方によってはとても悲しく見えてしまいますが
今の私にとってはさめざめを始動した2009年の頃のあの衝動と同じものが起こっています。

「愛とか夢とか恋とかSEXとか」の歌詞に「あたしの人生もよくあるもので終わるの?」という言葉がありますが、私はこのままなんとなく生きていきたくありません。

こんな私でも、最後にもう一度賭けたい。そんな気持ちが今回のライブ活動休止に繋がっています。

さめざめとしてのライブ活動は一時的に休止しますがさめざめ以外で歌う機会があるかもしれませんし、楽曲制作などは変わらずやっていきます。

さめざめを応援してくださっている皆様、今年のライブでお会いできることがあれば是非お会いしましょう。

そして、もし人生の岐路に立ってる人がいるのであれば
このままでいいのか、勇気を奮い立たせて、私と一緒に新たな気持ちで生きていく決心が持てたらと願います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
w-inds.、初の配信限定リミックス曲を配信へ。Spotify全面バックアップ企画も
【速レポ】<中津川ソーラー>シアターブルック、「音楽が先を行くんです」
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その1】
憑依芸人・ロバート秋山、“カリスマアーティスト”に変身し頑張る主婦の応援歌を熱唱
【速レポ】<中津川ソーラー>GRAPEVINE、狂気と快楽の辺境へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加