マツダ ロードスター RF、米国第一号車を納車

マツダ ロードスター RF、米国第一号車を納車

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

マツダの米国法人、北米マツダは11月22日、『MX-5ミアータRF』(日本名:『ロードスター RF』)の米国第一号車を当初の予定よりも2か月早く顧客に引き渡した、と発表した。

第一号車の顧客となったのは、Dave Putter氏。10月にロードスター RFの導入記念車、「ローンチエディション」を注文。限定1000台のローンチエディションの最初の顧客となった。

すでにDave Putter氏は、ロサンゼルスモーターショー16の会場において、北米マツダの毛籠 勝弘 社長兼CEOから、ロードスター RFのキーを受け取っていた。そして11月22日、当初の予定よりも2か月早く、納車される運びに。

Dave Putter氏にとって、ロードスター RFは16台目のマツダ車。ロードスターでは、8台目となった。

納車されたロードスター RF を目の前にして、Dave Putter氏は喜びを隠せない様子。北米マツダの毛籠 勝弘 社長兼CEOは、「マツダは単に車を販売するだけではない個性的かつ特別な自動車メーカー」と述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
「富裕層」って一体どういう人たちなのか?
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
東京メトロ、銀座一丁目駅に全国3例目のふるさと納税支援自動販売機を導入
10年で「資産ゼロ」から「年間家賃数億円」はどうすれば実現可能なのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加