【インタビュー】ROLL-B DINOSAUR「織田哲郎はバンドがやりたいということがこの2ndアルバムではっきりしたよね」

【インタビュー】ROLL-B DINOSAUR「織田哲郎はバンドがやりたいということがこの2ndアルバムではっきりしたよね」

  • BARKS
  • 更新日:2017/10/13
No image

ロックンロールが好きならば、このバンドを聴かずに通り過ぎるわけにはいかない。織田哲郎(Vo&G)とダイアモンド✡ユカイ(Vo)という強力な個性をフロントに据え、CHERRY(Dr/LINDBERG)、ASAKI(G/GUNIW TOOLS)、JOE(B/FUZZY CONTROL)という実力派がバックを固める真正ロックンロールバンド、それがROLL-B DINOSAUR。3年振りの2ndアルバム『SUE』で聴けるのは、ファーストよりさらに派手でワイルドなハードロック、ブルース、ファンク、フォーキーなバラードまで、色とりどりに飛び散ったダイナミックなバンドサウンド。酸いも甘いもかみ分けたベテラン・ロッカーが現代に提示する、本物のロックンロールとは何か? 織田哲郎とダイアモンド✡ユカイが、その真意を語ってくれた。

ROLL-B DINOSAUR are...
織田哲郎 [Vocal & Guitar]
ダイアモンド✡ユカイ [Vocal]
CHERRY [Drums]
ASAKI [Guitar]
JOE [Bass]

■東京で煮詰まっていてもこのまま時間が過ぎるなと思って
■沖縄に逃げました。ちょっと気分を変えてみようかなと思って

――まずセカンドが完成してリリースされることがシンプルにうれしいです。このメンバーが揃うだけで大変だと思いますし、ましてやアルバムを1枚作るなんて、スケジューリングだけでも至難の業だと思うので。

織田哲郎(以下、織田):そうなんですよ。正直、何より大変なのは常にスケジュールなので。

――制作は、前作から2年の間に少しずつやっていたんですか。それともどこかで時間を取って一気に?

織田:もう今年に入ってから、一気ですよ。去年から作り始めたものもちょこっとだけあったけど、やっぱりこういうものは勢いがないとね。逆にスケジュールがどうのとか言ってると、本当に合わないんですよ。「ここで作る!」と決めちゃって、その中でなんとかしようとして始めないことには。

ダイアモンド✡ユカイ(以下、ユカイ):でも、まず織田さんの失踪から始まってるからね(笑)。

織田:ううっ…(苦笑)。
ユカイ:できあがる日にちは決まってるわけ。でも、いつまでたってもなかなか制作に取り掛からなくて、大丈夫なのかな?って不安になって、織田さんに電話したら通じない。「どうやら織田さんが失踪しているらしい」と。

織田:いやいや。あの…。

ユカイ:じゃあできないんじゃないの?という、そこから始まってるから。

織田:そこから始まったね(笑)。本当にすみません。要するに、私のシングル「CAFE BROKEN HEART」が7月に出ているんですよ。そこで出すためにはここでできてなきゃいけない、ここでできたらそこからROLL-B DINOSAURが始まる。ところが私のシングルの歌詞が、パタッと書けなくなっちゃって。何て言うんですかね、釣り竿を垂れても魚群が何もいなくて、どうにもならなくなっちゃって。東京で煮詰まっていてもこのまま時間が過ぎるなと思って、沖縄に逃げました。ちょっと気分を変えてみようかなと思って。

ユカイ:できなくなると失踪するパターンですね。

織田:気分を変えて、すぐにできたわけじゃないですけどね。そこで1か月ぐらいスケジュールが押しちゃって、一段としんどくなったというのはあったんですけど。

ユカイ:ライブもやっていたしね。夏のフェスとかやりながら新しいアルバムを作るという、新人バンドみたいな感じ。それで「ガンガン」ができて、あれがきっかけになってるよね。「ガンガン」に詞がついた時にみんなで盛り上がって、それが起爆剤になった。

織田:あれは「6月のライブで新曲をやる」と決めてたんだよね。ユカイくんは大変だったと思うけど。

ユカイ:織田さんがまた歌詞が書けなくなっちゃって、ライブの直前になってやっとできた。1日前に。

No image

――1日前? それはすごい。

ユカイ:えーっ?と思ってさ。俺、けっこう覚えが悪いから、これは無理だよと思ったんだけど。リハでやってみたら「いいね」ということになって。

織田:「ガンガン」を作ろうとして、つらくなってたあの時の感じは覚えてる。書きだすと速いんだけど、どうやっても出てこない時って本当にどうにもならない。「ガンガン」は朝の6時頃に、山手通りを走っている時にきっかけができたんだよね。半分ヤケクソで書いていった感じ。

――ガンガン行こうぜ、反省はしない、馬鹿だからって、とんでもない歌詞ですよね。考えてみたら(笑)。

ユカイ:そこで、2ndアルバムの方向性ができたんだよね。「馬鹿でいいんだ」みたいな方向性が。で、どんどん馬鹿になっていった。1stアルバムのIQとは明らかに違うよね(笑)。IQが下がって、そのぶんロックになったという。

――プロデューサー織田哲郎としては、そもそもセカンドアルバムの構想はあったんですか。

織田:いろんなふうに考えていたんだけど、ある意味、2枚目はなすがままですよ。1枚目はみんなが様子を見ている状況もあるし、とりあえずやってみようという感じで、一応こういう方向に行かない?というものがあったんだけど。今回のほうがもっと「こんなのやってみちゃう?」って、幅を広げてみようという気持ちがあったし、ユカイくんからもASAKIからも「広げてみようよ」というものがどんどん出てきて。それはやっぱり、やることを広げて行っても、このバンドで演奏してユカイくんが歌えば「何やったって俺らの音じゃね?」というものができたから。どんどん広げている時は、「これやっちゃっていいのかな?」と思いながらやっていた部分もあるんだけど、やってくうちに「大丈夫じゃん。じゃあこれも行けるんじゃね?」って、どんどん加速度がついてできていった感じですね。

ユカイ:面白いよね、バンドって。

織田:有機的な何かを感じましたね。俺なんか、放っておいたら一人で部屋でずーっと音楽を作ってる奴だから、すっごい楽しいの。一人で考えていたらこんなの絶対思いつかない、みたいなものがどんどん出てくるから。だって、よもやユカイくんが「女目線の歌詞はどう?」って言ってくるとは思わなかったもん。

――「はずれクジ」ですね。だらしない男に三下り半を突きつける、強気だけど弱いところもある女の物語。あれはものすごくインパクトあります。

ユカイ:これは確か最後に作ったんだよね。曲はすごく完成度が高くて、方向性としてはポップでパンキッシュな感じで、普通に歌えば青春パンクみたいな歌詞をつけたがる曲なんだけど、俺らはそこまで若くないし。「どうしようかな」って、また織田さんが失踪しそうだったんで(笑)。「ユカイくん書いてよ」とか言うんだけど、俺はあんまりポップな曲は得意じゃない、歌詞をつけるのは。ポップな曲って責任があるじゃん? それで力が入っちゃってできないんだけど、織田さんはそういう曲をいっぱい作ってるじゃん。ポップの権化みたいな男だから、やっぱり織田さんが作ったほうがいいだろうと。そこでまた悩み出しちゃったから、そうだ、織田さんは女の人のプロデュースをいっぱいやってるし、詞も書くし、だったら女の歌を歌ってみたいなと思った。

織田:それは、俺からは考えつきもしなかったから。普通だったら「ダイアモンド✡ユカイだぜ」という歌を歌いたがるものでしょ。ユカイくんから「女目線はどう?」って言われた時に、一瞬止まって、「えっ?」って。

ユカイ:でもそう言った瞬間に火がついて。「おお!」みたいな。あの勢いはすごかった。

織田:もう、湧いちゃって湧いちゃって。

ユカイ:「いいんだね? ユカイくん、いいんだね?」って(笑)。それで次の日にはもうできてる。

織田:できる時はだいたい一晩で作っちゃうんだけど。あれは特に、ルンルンで作っちゃったな。前作に「くずの詩」という曲があって、あれのアンサーソングみたいな。

――なるほど! 言われてみれば確かに。

織田:書いてて楽しくて楽しくてしょうがない。“友達と石垣あたりに行ってこようかな”とか、自分で笑いながら書いてたもん。

ユカイ:正直、ここまでリアルな詞を書いてくるとは思わなかった(笑)。どこでリサーチしたんだろう?って。みんな「私のことだ」と思っていたみたい。スタッフの女性も「私がモデルでしょう」って言ってた。

織田:みんな思い当たるみたい(笑)。

ユカイ:ここまでリアリティを持てるのはすごいなと思った。最初に女目線にしようと思ったのは、俺が「外は白い雪の夜」という吉田拓郎さんの曲をカバーしたことがあって、あれは男と女の掛け合いの歌なのね。で、女言葉を歌ってる時のほうが、何かリアリティがあってね。女言葉をハスキーなかすれた声で歌うと、それがものすごく悲しく聴こえるんだよね。そういうイメージがなんとなくひらめいて、「はずれクジ」になったんだけど。

織田:いやー、俺が一人で考えてたら、考えもつかないよ。

ユカイ:考えつくと、こんなにリアリティのあるものができるというのはすごいよね。こんなに男くさいバンドの中で女目線の歌を歌っても、別に違和感ないし、それがまた面白いよね。

――僕は織田さんの詞にはブルースをいつも感じます。こういうリアリティある男女関係とか、ダメ男の描写とかが、キャッチーだけどどこか物悲しくて、ブルースだなあって。

織田:ああ、そうですね。やっぱりね、音楽はブルースがベースじゃないと、ダメなんですよ。

――それは言葉も、音楽も。

織田:どっちもそうですね。酒を飲んでいる時につまんなく聴こえる音楽って、嫌なんですよ。かっこつけてる音楽って、酒飲んでる時につまんなく聴こえちゃうんだよね。音楽ってさ、俺にとっては「それでもいいじゃん」って言ってくれるものというか…だからやっぱり、ブルースが好きなんですよ。

――恨み節とか、だらしない男とか、そういう登場人物がすごく生き生きしてる。

織田:そういう人生なんですよ(笑)。

◆インタビュー(2)へ

■ユカイくんは歌自体がベースにブルースがあるんだよね
■ブルースがベースにあるボーカルじゃないと俺は嫌なの

――ユカイさんが歌詞を書いた「石ころの唄」も、やるせない人生のブルース感覚満載で。

ユカイ:サラリーマンの歌だもんね。

織田:ユカイくんは、歌自体が、ベースにブルースがあるんだよね。だから俺はこのバンドのボーカリストに、ユカイくんしか思いつかなかったの。ブルースがベースにあるボーカルじゃないと、俺は嫌なの。最近そういう人、本当にいないから。

ユカイ:ある時からパタッと消えたよね。欧米でも。ロックンロールのルーツにつながってるボーカリストは。

織田:とはいえさ、向こうのミュージシャンは、音楽としてもろにブルースを歌わなくても、いわゆる伝統的なブルーノートの扱いを心得てるから。俺はそれがないと嫌なの。ミの音が短三度なのか長三度なのか、どっちかわかんないけど気持ちいいあたりで…というのがないと嫌。最近の若い子は、マイナーな曲は短三度、メジャーな曲は長三度、「ミ」の音ですという、それじゃつまんなくね?って。

――微妙なニュアンスですよね。そこにブルースが宿るという。

織田:ユカイくんの歌なんて、ブルーノートの応酬なわけ。曲がメジャーだろうがマイナーだろうが。自然にそこへ行けるボーカルなんだよね。

ユカイ:ロックンロールの血を引いてるかどうか、というところだね。ミック・ジャガーしかり。ローリング・ストーンズが“ロックの殿堂”に選ばれた時に、6人目のストーンズと言われた亡くなったイアン・スチュワートの名前を挙げて、「彼のおかげでストーンズはブルースキーを踏み外さなかった」って言ったんだけど。このニュアンスを分かる奴も本当にいなくなった。

織田:いなくなったね。まあでも海外にはそれなりにいるんだけど、日本にはぱったりいなくなった。

――でもROLL-Bはブルースの伝統を守ろうとか、そういう硬い感じは全然しないですね。サウンドはモダンですし。

織田:モダンとは思わないけど(笑)。

――でもビンテージ機材で一発録りでとか、そういう回顧的な感じとは違うような気が。

織田:ああ、それだけじゃつまんないとは思うんで。それは俺個人としても、長い間音楽をやってきて良かったなと思うのは、どの時代の音楽も、どれも俺の血になっていて、だから今作るものがあるから。その時代の流行りというのは表層的な部分で、それと関係なく音楽の本質というものは常にあるんですよ。いろんな音楽のいろんな良さがあって、それをある時代に「どうですか?」って提示する人がいると、それを吸収して次の時代に引き継ぐ人がいる。表層的な流行りとは別に、その時代時代でいろんな人が提示してくれたものをこっちは受け取って、今いるわけで。だから今俺が何をやったらかっこいいだろう?というのは、歴史の蓄積の中から生まれるわけだから、俺はミュージシャンとして、明らかに今が一番楽しいし、優れているなって自分で思うんだけど。だって、蓄積はどんどん増えていくだけだから。

――素晴らしいです。僕は4曲目の「MY BABY BLUE」が好きなんですけど、イントロでツェッペリンか?と思ったら、サビの開ける感じは80年代のLAメタルみたいで、そのバランスがすごく楽しくて。これはいろんな時代のロックのミクスチャーだなと。

織田:完全なミクスチャーですね。(作曲者の)ASAKIって面白いんですよ。俺とかユカイくんは「こういう感じで”」と言うと、ストーンズとかツェッペリンとかは、言わなくてもすぐできちゃうところがあるんだけど、ASAKIとかJOEとか、ヘタすると知らないから。

ユカイ:フリーを知らなかったよね。

織田:そうそう。フリーと言うと、バンド名じゃなくてレッチリのベーシストになっちゃう(笑)。

ユカイ:フリーを教えたら「かっこいいね」って盛り上がってたよね。そこで初めて知るみたいな。

織田:だからこっちが「同世代ならこうやっちゃうよね」というものを出しても、彼らなりの解釈で返してくるのが面白いんですよ。たとえば「石ころの唄」も、同世代の人間だけで固まってやると、「ああ、ビル・ワイマンみたいなベースね」とか言って、もっとストーンズっぽくなっちゃったりするんだけど、JOEはビル・ワイマンとか知らないから(笑)。もっとシャープに来るわけ。そうすると「これだよね」という、時代感がどこともつかないものになってくれるわけですよ。まああんまり外れたら、それは違うよって言うけど、結果的にすごく面白くなることが多くて。

ユカイ:新鮮なんだよね。彼らにとっても。

織田:そう。

――年長組と、若者組とでも言いますか(笑)。

織田:トニセンとカミセンで(笑)。

――それはこのバンドの絶対の武器だと思いますね。そして今回、ユカイさんの作曲が多いですね。1stアルバムに比べると。

ユカイ:織田さんが失踪してたからね。

――そこへ戻る(笑)。俺が書かなきゃって。織田さんももともと、書いてほしかったんですか。

織田:そうそう。もっと書いてよという話はしてたよね。

ユカイ:織田哲郎はバンドがやりたいんだな、ということがはっきりしたよね。この2ndアルバムで。だってプロデュースしようと思えばいくらでもできちゃうけど、あえてバンドのメンバーに託して、どこへ行くかわかんないような曲もあったし。最後の「DIRTY OLDMAN BLUES」なんてね、どうなっちゃうんだよ?っていうところから作られてるから。

――「DIRTY OLDMAN BLUES」は、ツェッペリンの「ブラック・ドッグ」みたいだなあと思いきや、スライドギターやブルース・ハープが入って来るし、面白くてかっこいい曲になっていますね。

織田:これもね、何がおかしいって歌詞が最高なんだよね。だいたいユカイくんの歌詞ってそういう傾向があるんだけど、最後はヤケクソだよね(笑)。

――みんな消え失せちまえ、で終わってます(笑)。

織田:それと、あれも最高よ、「Mr.カサノバの恋の手ほどき」。恋の手ほどきとか言って、何の手ほどきもしてないんだから。しかも最後めんどくさくなって、“ガタガタ言わずに今を突っ走れ”(笑)。すごいよね。

――言われてみれば確かに(笑)。

織田:それでも最初は手ほどきをしようとしてるのよ。レッスンNo.1の“沈黙は黄金のルールさ”あたりはそうだけど、4あたりからめんどくさくなってるんだよ(笑)。7とか8の“ジェントルに”“アニマルに”とか、もういい加減どうでもよくなってきてて、最後は“ガタガタ言わずにロックンロール”だから(笑)。こんな破綻した詞は俺は作れないよ。すごいなと思った。

ユカイ:いやあ、ロックンロール!!

織田:ロックンロールだよ。全然破綻してるんだけど、最後に“ガタガタ言わずに今を突っ走れ”って言われると、収拾がついてる気がするじゃない。すげえなと思った。

ユカイ:混沌だよね。結局ね。でも「ガンガン」も一緒でしょ。

織田:ううん、違う(笑)。

ユカイ:だって最後は、結局は“ガンガン行こうぜ”だし。

織田:いや、俺はもっと論理的だよ。まだ器がちっちゃいなと思ったね(笑)。「カサノバ」の破綻の仕方はすごいと思うよ。

ユカイ:でも「ガンガン」から来たんですよ、「カサノバ」は。「ガンガン」があったからできた。

織田:ああ、そっか。そういう意味では、俺があそこで煮詰まった挙句に開き直った感が、ここで出たんだね。

ユカイ:織田さんの「暴言野郎」もそうじゃない。人のこと言えないよね(笑)。

――素晴らしいです。言いっぱなしのロックンロール・アルバムです。

織田:本当にね、相当スリリングな状況で作ったけど、結果的にいろんな意味でとても面白い作品になったと思いますね。

ユカイ:いろんなタイプがあるしね。これはアルバムとしても飽きないね、ここまで飛び散っちゃうと。やっぱり新しいことをやるのって、最近特に難しくなってきてるというか、CDも売れないしさ、新しいことをやるのをあんまり求められてなかったりするじゃん? コンピレーションとカバーとベストばかりが売れて、過去にあるものを編集するみたいな。でも本当にここまで新しく、まっさらなものを作っちゃうと、まず聴いてもらうところから始めないといけないからね。

織田:そうなんだよね。

ユカイ:そうじゃないともったいないというか。

――ちなみにアルバムタイトルの『SUE』というのは、誰がつけたんですか。

ユカイ:さて…

織田:いや、これはASAKIだよ。何にしようかって雑談をしていた時に、ASAKIが検索していて。SUEというのは、ティラノサウルス・レックスの有名な化石の名前なんですよ。恐竜なのに可愛い名前だから、それ面白いなということになって、決まりました。

――すべてのロックンロール好きに人に届いてほしいアルバムです。そしてアルバムが出たあとのライブ、楽しみにしてます。

織田:ぶっちゃけ、大変なんですけどね。でもライブはやるたびにどんどん良くなってきてることを、自分らでもすごい実感してるんで。とにかく見てほしいなと思います。新曲、大変だけどね。

ユカイ:新曲を引っ提げてやるわけだからね。でも1曲目の「Neverending Dream」から大変なんだよね。難しい。

織田:ミュージシャンはミュージシャンで大変な上に、ユカイくんはこれを1曲歌うだけで5曲ぶんぐらいの体力を使うという。

ユカイ:たぶん血管が切れるね、曲の後半で(笑)。よく作ったよね、この曲。しかもアルバムの1曲目に。

織田:1曲目に持ってきちゃったからね。やらないわけにはいかないよ。でもライブの1曲目にはやりたくねえな(笑)。

取材・文●宮本英夫

リリース情報

2nd ALBUM『SUE』
2017.10.11 リリース
KICS-3524 \3,000+ 税
1. Neverending Dream
2. Mr. カサノバの恋の手ほどき
3. ガンガン
4. MY BABY BLUE
5. はずれクジ
6. Interlude
7. アナスタシア
8. 暴言野郎
9. 石ころの唄
10. の~まる
11. DIRTY OLDMAN BLUES

ライブ・イベント情報

<Release LIVE>
10/27(金)「ROCK'N' ROLL BOUT Vol.1」@HEAVEN’ S ROCK さいたま新都心VJ-3
11/17(金)「ROCK'N' ROLL BOUT Vol.2」@横浜BAYSIS
11/24(金)「ROCK'N' ROLL BOUT Vol.3」@新宿ReNY
12/21(木)「ROCK’N’ ROLL BOUT Vol.4」@大阪SOMA
12/22(金)「ROCK’N’ ROLL BOUT Vol.5」@名古屋 ReNY imited

関連リンク

◆ROLL-B DINOSAUR公式HP
◆キングレコード

◆インタビュー(1)に戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マネージャーを8年間で14人交代させた、菜々緒の本当の性格
海老蔵 2人の子供がママへの思い祈り、現れたのは...
人身事故を起こした土田晃之に猛バッシング 対応次第では干される可能性も
佐々木希&渡部だけじゃない! ドン引き、驚愕、離婚...芸人と大物女優の結婚7例!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加