稀勢の里、夏巡業で基礎運動 スクワットで下半身強化

稀勢の里、夏巡業で基礎運動 スクワットで下半身強化

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

若い衆相手に押しを繰り返す稀勢の里

大相撲の夏巡業は13日、仙台市で行われ、左上腕部などに不安を抱える横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=は基礎運動で患部の強化に努めた。入念に四股を行った後、スクワットで下半身を強化。花道では若い衆の連打の突きを胸で受け止める稽古を繰り返した。

前日は稽古を休養。名古屋場所で痛めた左足首の回復も「まだまだ」と話しており、日々、体と相談しながら状態を上げていく。2場所連続途中休場し、10日から夏巡業に合流。秋場所(9月10日初日、両国国技館)出場はまだ不透明で「体もいい具合、感覚もしっかり。精神的にも平常心で終われれば。応援してくれる人がいるのは刺激になる」と、巡業をまずは完走することがテーマだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小錦超え288キロ!ロシア出身大露羅「名前残る」
お相撲さんのパワーの源“相撲メシ” を “どすこい横野”が徹底取材!
三段目・大露羅 小錦超え288キロ!史上最重量力士に
大露羅が小錦超えの288キロ!歴代最重量21年ぶり更新!
大露羅が歴代最重量の288キロ 小錦記録を21年ぶり更新
  • このエントリーをはてなブックマークに追加