家事界の驚異的「発明」。1週間分のお弁当を一度に作る超時短法

家事界の驚異的「発明」。1週間分のお弁当を一度に作る超時短法

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2019/11/08
No image

家事が最も集中するのは朝や夕方ですが、とくに食事の準備は大変なものです。しかし発想を変え、ちょっと手が空く時間帯に準備をしておけば、少しは「楽」になるかもしれません。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、ご自身の実践から積み重ねてきた「料理のまとめづくり」のノウハウを、具体的な保存法や段取りを交えつつわかりやすく解説しています。

ズラしちゃえ

さて、本日は料理のタイミングのお話。

家事の中でもっともタイミングが重要なもの、それは

料理

でしょう。今夜のうちに来週水曜の朝ご飯の準備をしておく人もいないですよね( ̄∇ ̄)

それは、ひとつには家族の予定や体調が流動的で、なにを作ったらいいか分からないということがありますね。

こういうのが一番

メンドクサイ

んですよ。相手次第というか、時間次第というか、作業者の都合がまったく考えられていないので、作業以外の時間的拘束がキツいんですよね。相手の要求があったらすぐに対応しなくちゃならないので、作業以外の時間も待っていなくてはならないからです。

なので、キホン的に家事の効率化のためには、この作業以外の時間的拘束をユルくする必要があるんです。

これ、実はあらゆる家事の効率化グッズや商品がこれを目指しています。たとえば

下処理済みの食材

冷凍食品

ほっとく系調理家電

作り置き

などです。これらは、家事のイノベーションによって

作るタイミングと食べるタイミングをズラしている

ということです。作業者の都合に合わせたタイミングで料理を「作る」のであり、食べるタイミングには合わせていません。これによって作業者の作業効率が大幅にアップするんです。

そしてもうひとつは、心理的な原因で、

作りたてが美味しいという思い込み

です。いや、思い込みなんですよ。常識というか。

作りたては美味しい調理法は、たしかにありますよね。揚げ物なんて典型です。しかし、

作りたてを提供する労力を考慮したら

少人数で運営している家庭という場では、できなくてもやらなくてもいいのではないかと思うんです。

煮物や冷まして食べるモノなど、作りたてである必要はなくむしろ時間が経っている方が美味しかったりしますからね。

また、改めて振り返ってみてほしいんです。家事をする時間帯の中で最も忙しいのは、いつでしょうか?

早朝?

10時頃?

午後?

夜中?

生活パターンによって違いはあるでしょうが、一般的には

朝 と 夕方ごろ

ではないでしょうか。この時間の共通点は、そう

家族の外出あるいは帰宅

食事の準備

が重なっていることです。いずれか一方のみの時間帯はそれほど忙しいと感じないんですよ。ランチ前って、朝ほどキツいと思わないでしょ?あるいは、深夜に帰宅してお風呂に入って寝てしまうメンバーがいても、深夜をそれほど忙しいとは思わないでしょ?

外出・帰宅の時間は、まさにこちらの都合では動かせないですが、食事の準備はズラせるはずです♪

特に家事が混み合う時間帯、朝。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、とりわけ大変ですよね。

この時間帯が忙しくなる理由のひとつは、やっている家事が多いからです。特に

朝食を作る

お弁当を作る

を一緒に毎朝行っている方もいるでしょう。これはやはり「作りたて」に拘っているからだろうと思いますが、このうちどちらかひとつだけでも、あるいは両方とも

朝以外の時間帯に作ってしまう

ようにしてみましょう。

たとえば、お弁当の場合。

弁当箱を五つ買う(アルミなど金属のものの方がいい)

手作りおかずを2、3品作る

冷凍食品を2、3品用意する(自然解凍のものを選ぶ)

弁当箱にそれぞれ違う組み合わせになるよう詰める

ご飯のスペースは空けておく

フタをしてそのまま冷凍

要するに、おかずを詰めてお弁当箱ごと冷凍するわけです。お弁当箱を金属製のものにするのは、この方が素早く冷凍できるからです。で、

当日、冷凍庫からひとつ取り出し、ご飯を詰める

そのまま持っていく

おかずは、手作りも含めてお昼までには自然解凍されます。ご飯だけは、冷凍を自然解凍したものだと美味しくないので、当日炊いたものを冷まして詰めたほうがいいですよね。

いや、これ、ツイッターで見たんですが、

驚異的(*゚Д゚)

ですね。家事に限らず、同じ作業を数回繰り返すより、数回分まとめて一回だけ作業する方が効率がイイもんですが、お弁当を一度に一週間分作ってしまうという発想は、私にはありませんでした。お弁当のおかずを数回分作って小分けにして冷凍するやり方の、ハイパーバージョンですよね。

私は、せいぜい前日の夜に作って、冷蔵するくらいでしたね。で、当日ご飯を詰めて持っていくと。半日くらいズレているだけですがそれでも朝の家事が減って、気分的にラクです。

これを応用すれば、朝ご飯でも似たようなことが可能でしょう。パン派なら、

同時調理用のトレーなどを複数枚買う

冷凍食品を2、3品用意する(トースター調理のものを選ぶ)

トレーにパンと冷凍食品を並べて

ラップして冷凍

…っていう感じでしょうね。で、これを当日ラップを取ってそのままトースターへ。顔を洗っている間に調理が終わりそうですね(*゚∀゚*)

食べる直前に調理しなくちゃならないというのは、思い込みです。朝や夕方の忙しい時間帯以外の時間に、まとめて調理をして冷凍してしまえばイイだけですよ。

image by:Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
血液型【思考停止】あるある O型はプレッシャーで、AB型は選択を急かされてストップ!!
冬のあいだ、車にあると緊急時に役に立つアイテムリスト
無印良品の99円アイテムが、家中にあちこち置いておきたくなる隠れた逸品だった...│マイ定番スタイル
『あさイチ』博多華丸のダイエット法「星野源食べ」にファン驚愕
都道府県「幸福度」ランキング2019!3位福井、2位熊本、1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加