何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法

【医師監修】何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法

  • Doctors Me
  • 更新日:2016/11/29
No image

誰でも鼻血は出たことがあると思います。

その中でも何もしていないのに鼻血が出るといった経験はありませんか? 今回は特に何もしていないのに出る鼻血についてご紹介したいと思います。

要チェック項目
□ 何もしていないのに出る鼻血は粘膜が弱っていることが多い
□ルチンを摂る、粘膜を保湿することで鼻血を予防できる
□ 何もしていないのに頻繁に鼻血が出るなら病気の可能性も

鼻血が出る仕組み

鼻血は、小鼻の内側にある鼻中隔(びちゅうかく)にあるキーゼルバッハ部位からの出血が最多いとされています。

キーゼルバッハ部位は細い血管が網目上に貼り巡らされており、少しの衝撃でも傷ついて出血してしまいます。傷つきやすいため、鼻をいじりすぎたり、鼻を強くかむことでも鼻血が出たりします。

キーゼルバッハ部位からの鼻血がほとんどですが、特に何もしていないのに鼻血が出る場合は病気が原因である可能性があります。その際は、キーゼルバッハ部位でなく鼻腔の奥にある粘膜から出血することがあるようです。

鼻血が出たときの対処法

鼻血が出たとき鼻血を正しく対処できていますか? 普段何気なくやってる鼻血の対処法が実は間違っているという事もあります。まずは間違った鼻血が出たときの対処法を見てみましょう。

鼻血が出た際の間違った対処法

NG:上を向いて鼻血が出ないようにする

NG:首をトントンし、刺激を与える

NG:安静にするため横になる

特に上を向いたり、横になるのは鼻血を喉へと逆流させてしまう可能性があります。逆流した血が喉で固まると、血が喉を塞いでしまい、最悪窒息の可能性があります。

鼻血が出た際は上記の行動を行わず、正しい鼻血の対処法を取りましょう。鼻血が出たときの正しい対処法は以下の通りです。

鼻血の正しい対処法

・脱脂綿をつめる

・座った状態であごをやや引いた姿勢を保つ

・小鼻をぎゅっとつまむ

脱脂綿を詰めるのが好ましいですが、なければティッシュでも構いません。特に効果が高いのが小鼻をギュッとつまむ方法です。上記の方法をとり、10分から15分程度安静にすることにより、通常の鼻血であれば治まります。

何もしていないのに鼻血が出る原因

何もしていないのに鼻血が出るには原因があります。考えられる原因をそれぞれ見ていきましょう。

アレルギー性鼻炎

ハウスダストによるものや、ダニによるもの、花粉症によるもの等アレルギー性鼻炎の原因は様々です。原因は異なりますが、アレルギー性鼻炎にかかると鼻の粘膜が通常よりも弱い状態になります。

鼻の粘膜が弱くなる影響で、鼻を少しかんだだけでも出血をする場合があります。

高血圧

高血圧になることで何もしていないのに鼻血が出ることがあります。高血圧は中年期の男性に多い症状です。

高血圧は食事からの影響も大きく、塩分を摂りすぎることで高血圧になりやすいです。普段の食生活にも注意しましょう。

病気の症状

病気の症状の1つとして何もしていないのに鼻血が出ることがあります。

病気の症状の場合は、頻繁に鼻血が出る、鼻血が中々止まらないといった傾向にあります。

何もしていないのに鼻血が出る病気

先程みた病気が原因である場合を詳しく見ていきましょう。特に、何もしていないのに鼻血が出やすい病気を紹介します。

白血病
白血病は血液のがんとも呼ばれています。白血病にかかると血球を作る細胞に異常が発生し、正常な血液を作れなくなり、出血をしやすくなる症状が現れます。

特に白血病は頻度に特徴があり、1週間のうちに複数回出ることが多いです。また、鼻血以外にも歯茎等、体の様々な部分から出血が起こります。

肝硬変
肝硬変は肝臓が傷つくことで硬くなってしまう病気です。肝硬変で鼻血が出やすくなる原因は血小板の数が減少するためです。ですので、鼻血が出やすくなるだけでなく止血も遅くなります。

鼻血以外にも顔が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が出るのも特徴です。

血友病(けつゆうびょう)
血友病は出血を止める際に必要である血液凝固因子が少なく、一度出血すると止まりづらいという病気です。

かさぶたも中々作られにくく、かさぶたが剥がれてしまった場合再び長時間の出血が起こります。血友病にかかるとあざができやすくなるようです。外的刺激に特に弱く、鼻をやさしくかんだり、少し鼻をかくだけでも出血をする可能性があります。

血友病はほとんどの場合が遺伝によるもののようです。

何もしていないのに出る鼻血の予防法

病気が疑われる場合は、早く病院を受診するのが重要ですが、鼻の粘膜等が弱っていて鼻血が出る場合の予防法についてみていきましょう。

軟膏、オイルなどを塗る

何もしていないのに鼻血が出る際は鼻の粘膜が弱っている可能性が高いです。そこで、粘膜を保護するために軟膏やオイル等を塗ります。

特にワセリンが出血を抑止する効果が高くおすすめです。ワセリンは近所のドラッグストアや薬局でも取り扱いがあるため簡単に入手できます。

塗る際は爪で粘膜を傷つけないように、爪の手入れも行いましょう。

マスクをする

マスクをすることで外気による鼻の乾燥を予防できます。乾燥の粘膜を弱らす原因になります。

室内では加湿器を使用し、部屋の湿度を十分に保ちましょう。

ルチンを摂る

ポリフェノールの1種であるルチンは毛細血管を強くする働きがあります。

ルチンは蕎麦、ほうれん草、レバー、なす、トマトなどに豊富に含まれています。意識的に摂取してみると良いでしょう。

何もしてないのに出る鼻血が心配なら

いかがでしたでしょうか。何もしていないのに鼻血が出る原因は病気の可能性もあります。

突然何もしていないのに鼻血が出てきた場合、病院に相談してみましょう。もし病気を早期に発見できれば完治できる可能性が高まります。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【体の不思議】耳にできる「くさい穴」を知ってる? 衝撃の認知度とは......
ベビーカーにベビーでなく荷物を載せる親がいる理由 秀逸投稿が話題
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
「育ちがいいんだろうな」と思う男性の名前4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加