ジャパンC参戦 コーフィールドCの覇者・ブームタイムが日本到着

ジャパンC参戦 コーフィールドCの覇者・ブームタイムが日本到着

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

コーフィールドCを人気薄ながら勝利したブームタイム(提供:Racing Photos TM)

ジャパンC(11月26日、GI・芝2400m)に出走予定のブームタイム(牡6、豪・D.ヘイズ厩舎)が、輸入検疫のため成田空港経由で千葉県白井市の競馬学校国際厩舎に到着した。自国厩舎から14時間程度の輸送だった。

ゲイリー・フェネシー調教助手は「輸送も問題なく、自国での状態と変わらないと思います。調教師からは、自国と同じ調教をダートで行うよう指示を受けています。競馬学校では、金曜日または土曜日に強めの調教を行う予定です」とコメントした。

ブームタイムは父Flying Spur、母Bit of a Ride(母父Snippets)という血統。10月21日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたコーフィールドC(GI・芝2400m)を13番人気ながら制し、後には11月7日のメルボルンC(豪GI・芝3200m)にも出走し15着となっている。通算成績は33戦7勝。また、ヘイズ師は1990年のジャパンCをベタールースンアップで制した実績がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ブルゾンちえみ、小学生時代の写真公開
ハーゲン“国内初”のコーンタイプ、セブン限定で
「パンチラ撮らせて!」真っ昼間から女子生徒にムチャぶり 品川
「星野源は悪評だらけ」テレビ局、音楽関係者をあぜんとさせた“横暴エピソード”
【本物か】鳥山明先生もビックリ! 実写版の「カリン様」が激写される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加