仙台育英・鈴木 15年準Vアルプスで見届けた「兄の分まで」

仙台育英・鈴木 15年準Vアルプスで見届けた「兄の分まで」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇第99回全国高校野球選手権第5日・1回戦 仙台育英15―3滝川西(2017年8月12日 甲子園)

No image

<滝川西・仙台育英>2安打を放ち勝利に貢献した仙台育英・鈴木

◆100回大会の主役たち

仙台育英は初回、1ボールの2球目を叩いた先頭・西巻が右飛に倒れた。2番の鈴木は初球攻撃。右中間へ二塁打を放った。続く山田が1ボールから2球目に2ラン。5球での先制点を呼んだ2年生は「先生(佐々木監督)からは(西巻)賢二さんと“ダブルトップバッター”と呼ばれている。賢二さんが出られなくても、僕が打つ」と胸を張った。

岩手県大船渡市の生まれ。東日本大震災で実家は被災を免れたが、父の漁業の道具が津波で流された。2歳上の兄・順平さんは進学予定だった中学の校庭に仮設住宅が建ち、仙台育英学園が運営する秀光中教校に進路を変えて野球を続けた。父はタンカーで調理の仕事をして学費を工面。鈴木も中学、高校と兄の背中を追った。

兄は準優勝した15年夏の甲子園でメンバーには入れなかった。グラブを託されて春夏連続の聖地に立ち、勝った。「兄の分まで、という思いは強かった。良いところで打てて良かった」と笑った。

家族のLINE(ライン)グループには前夜「頑張って」のメッセージがあった。この夏も、そして来年も晴れ舞台でまだまだ暴れるつもりだ。 (松井 いつき)

◆鈴木 佳祐(すずき・けいすけ)2000年(平12)8月26日、岩手県生まれの16歳。小2から末崎野球スポーツ少年団で野球を始める。小6時に楽天ジュニアに所属。秀光中教校時代に全国大会優勝。1年秋から背番号「5」でベンチ入り。家族は両親と兄、妹。1メートル65、63キロ。右投げ左打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
聖光・小泉 いとこの瀬川と一緒に甲子園出場するため東京から留学
明徳義塾・馬淵監督、50勝で選手に焼き肉!西浦「自分のバットで」
明徳・馬淵監督50勝王手/16日高校野球見どころ
元KAT―TUN田中聖 甲子園で弟・彗に声援「頑張れー」
聖心ウルスラ 聖光学院との“同宿聖戦”順延...続くピリピリムード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加