ミス慶應セクハラ騒動 被害訴えたファイナリストと運営委員会の意見対立 ファイナリスト「セクハラは全て事実」

ミス慶應セクハラ騒動 被害訴えたファイナリストと運営委員会の意見対立 ファイナリスト「セクハラは全て事実」

  • BIGLOBEニュース
  • 更新日:2019/09/19

画像は濱松さんのTwitterスクリーンショット
「ミス慶應コンテスト2019」ファイナリストの女性が、ミスコンのプロデューサーからセクハラ被害を受けていたと週刊文春が報じた。ミスコンの運営委員会が記事内容を否定する一方、ファイナリストの女性は「セクハラに関する出来事は全て事実」と反論。両者の意見は食い違っている。週刊文春は、ミス慶應コンテストのファイナリストに選出された濱松さんによるセクハラ告発

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加