アロンソ&TS050恐るべし

アロンソ&TS050恐るべし

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/02/14
No image

先週末から韓国、平昌冬季オリンピックが始まりましたね。
そしてモータースポーツ界ではスーパーGT、スーパーフォーミュラ関連のメーカー、トヨタと日産が今期の体制、支援チーム等の発表をネットやメール配信で発表しました。

今シーズンはGT500クラス、GT300クラス共にドライバーシャッフルが行われることが予想され、情報も昨年から少しずつリークされていたので、正式発表時点ではあまり驚きはありませんでした。スーパーフォーミュラに関しては、すでにオートサロンの会場でホンダ系のエンジンサポートチーム、ドライバーが発表されていたのですが、トヨタの発表によってトヨタエンジンユーザーが明らかになりました。その中で4シーズン目に入ったフォーミュラeに参戦をしているA.ロッテラー選手が15年連続参戦してきた国内トップフォーミュラのラインナップから名前が消えています。ファンにとってはちょっと寂しい限りでしょう。チャンピオンも経験し、常にチャンピオン争いを演じてきたドイツ人ドライバーが去る。今シーズンはヨコハマタイヤのフルシーズン2スペック導入とともにいろいろレース内容にも変化が訪れるでしょうね。

さて、変化、変更についてはひとつ驚かされることが起こりました。世界耐久選手権シリーズ(WEC)の富士6時間のスケジュールがここにきて1週間前倒しされることが発表されたのです。10月14日へ変更された最大の理由はF1レースとのバッティングがあった。それだけなら変更は無かったかもしれないのですが、今シーズントヨタの一員としてWECに参戦を果たすF.アロンソ選手がそのままだったら日本ラウンドだけ出走できなかった、それを考慮して変更され、国内のスーパーGT第7戦オートポリスは当初富士6時間レースが行われる予定であった1週間後に移動ということに相成った。忖度どころではなく、実利を前面に出した要請によって現実のものとなったのだからアロンソ恐るべし。先週スペイン南部アラゴンサーキットで行われたトヨタのテストに参加したアロンソ選手が、TS050のインプレッションを「まるでロケットみたいだった」とコメントしていた。チャンピオンを経験しているF1ドライバーですらハイブリッドスポーツカーの凄さに舌を巻く。TS050恐るべし。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
真矢ミキ、赤荻アナに「元劇団バカにしてますか?」
日本人よ信じられるか、NYのレストランはこんな雑なサービスをする
かつては女子アナの花形だったのに...五輪取材の過酷な環境
  • このエントリーをはてなブックマークに追加