音楽フェスで日本のモノづくり技術を発信!?「LeyLineFestival2017」in 愛知

音楽フェスで日本のモノづくり技術を発信!?「LeyLineFestival2017」in 愛知

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/10/13
No image

音楽とモノづくりが融合したフェス「LeyLineFestival2017」

2017年11月18日(土)に愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で「LeyLineFestival2017」が開催される。

【写真を見る】豪華アーティスト10組が集結!

同イベントは、モノづくりと職人の技術をコンセプトとした新しい音楽フェスティバル。「後継者不足や、機械化により失われつつある『日本の職人技術』をまずは多くの人に知ってほしい!」、そんな思いからモノづくりと音楽が融合した「LeyLineFestival2017」が生まれた。

音楽フェス、というからには見逃せないのが出演アーティストだ。「シナリオアート」「鶴」「リアクション ザ ブッタ」など、昨今のバンドシーンを牽引する豪華メンバーが登場。そしてライブステージを囲むように、職人による販売・実演ブースや、モノづくりを体験できるワークショップなどが出展されるぞ。

会場への入場は基本無料なので、気軽に立ち寄ることができるのもうれしい!家族と、友達と、恋人と、日本の「アート」を肌で感じよう!【東海ウォーカー/利川果奈子】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【インタビュー】LOVEBITES、ヘヴィメタルのエッセンスを凝縮し超絶技巧満載の1stフル・アルバム『AWAKENING FROM ABYSS』
A応P、「君氏危うくも近うよれ」ミュージックビデオ撮影現場をVRで体験
ポルノグラフィティ、大谷亮平×本田翼W主演サスペンスに“Blues”書き下ろし
森山直太朗、デビュー15周年ツアー千秋楽より「生きてることが辛いなら」
ほのかりん初ソロステージ!川谷に触れず観客は激励
  • このエントリーをはてなブックマークに追加