巨人 マギーの適時打で1点返す 阿部は七回まで無安打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13

「広島-巨人」(13日、マツダスタジアム)

巨人、ケーシー・マギー内野手が0-4の六回に適時打を放ち、1点を返した。

五回まで相手先発・岡田に2安打無得点と封じられてきたが、六回。先頭の陽岱鋼が右前打を放つと、右翼・鈴木の後逸で三塁まで到達。無死三塁でマギーが岡田の直球を中前にはじき返し、反撃への1点を奪った。

また、通算2000安打まで残り1本でこの試合に臨んでいる阿部は七回まで2打数無安打としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA今永が初10勝 女房役嶺井と爆笑お立ち台
ダルビッシュ人気沸騰 使用済みユニ100万円 Tシャツ売上げチームトップ
伊東監督「全部つまらんエラー」サヨナラ悪送球嘆く
[UAチャレンジカップ]MF河合の決勝点で慶應義塾志木が宜野湾に競り勝ち2連勝(20枚)
3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加