有村架純、一生に1度の恋に大粒の涙「ナラタージュ」WEB限定予告公開

有村架純、一生に1度の恋に大粒の涙「ナラタージュ」WEB限定予告公開

  • 映画.com
  • 更新日:2017/09/15
No image

ヒロインを演じた有村架純 (C)2017「ナラタージュ」製作委員会

島本理生氏の恋愛小説を、松本潤(嵐)と有村架純の共演で行定勲監督が映画化した「ナラタージュ」のWEB限定予告編が公開された。一生に1度の恋に苦しむヒロインにフィーチャーした映像となっている。

映画は、高校教師と元生徒が再会し、許されざる恋に苦悩するさまを描く。女子大生の工藤泉(有村)のもとに、高校で所属していた演劇部の顧問・葉山貴司(松本)から、公演への出演依頼の連絡が来る。葉山は、学校になじめずにいた泉を演劇部へ誘ってくれた恩師であり、恋心を寄せていた相手だった。1年ぶりに葉山と再会した泉は思いを抑え切れず、葉山もまた複雑な感情を抱くなか、ある事件が2人の関係に波乱をもたらす。

このほど公開されたWEB限定予告は、「あなたの一番好きだった人は、誰ですか?」という問いかけから始まり、大粒の涙をこぼす泉の姿に「私には、あなたでした」というナレーションが重ねられて終わるという、胸を締め付ける展開を予感させるもの。学生時代の泉が葉山への思いを募らせる様子や、大学で泉と恋人関係になる小野玲二(坂口健太郎)が嫉妬心を露にする場面、小野と泉の切ないラブシーンが盛り込まれ、原作小説とは違う結末を迎える3人の行く末が気になる仕上がりとなっている。

有村は、2人の男性の間でゆれる泉を演じるにあたり、「撮影が進むにつれて、泉でいることは苦しかった」と本音を吐露。映像のラストで声を殺して涙する場面の撮影時を「悲しいシーンだったんですが、泣き芝居だから泣かなきゃという気持ち以上に、こみ上げてくるものがあって本当に涙が止まらなかったです。3、4テイクやりましたが、カットがかかってもずっと涙がこみ上げてくるようでした」と振り返っている。

また、行定監督は「この映画は感じる映画。キラキラしたボーイミーツガール映画はたくさん作られてきたけれど、現実の恋愛はそうじゃない。こんなことだったら恋愛なんてしなきゃよかった……というもう一面の恋愛を描いて、いい意味で若い人たちに傷をつけたかった」と、今作に込めた思いを明かしている。

ナラタージュ」は、10月7日から全国で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山戸結希の“人生を狂わせた”塩田明彦、「影響の連鎖がうれしい」
9月22日の注目映画第1位は『オー・ルーシー!』
仲代達矢、エスカレートする米朝の挑発合戦に「なんのために戦おうとしてる?」
カナダのイケメン首相 なんと「チューバッカ」靴下で登場
「あさひなぐ」初日 西野七瀬、白石麻衣らWサプライズに号泣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加