特別対談 ジーコ×竹原タカシ(株式会社アクアバンク代表取締役社長) 後編 ~情熱とフロンティアスピリッツ~

特別対談 ジーコ×竹原タカシ(株式会社アクアバンク代表取締役社長) 後編 ~情熱とフロンティアスピリッツ~

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/11
No image
No image

「誰かがやらないと、新しい世界はこない。価値のあるチャレンジですね」とジーコ氏。(写真●徳原隆元)

No image

8月某日、都内にある日伯少年サッカー育成協会の事務所で対談が行なわれた。(写真●徳原隆元)

持ち運びができる水素ガス吸引具『KENCOS2-s』(ケンコス)を開発、販売し、注目を浴びている株式会社アクアバンク。「水素を使って世界の人々を健康にしたい。そしてアスリートを支えたい」と考える同社の竹原タカシ社長が、先月、すでにケンコスを愛用しているジーコ氏の元を訪れて、その思いをぶつけた。ジーコ氏の反応は? 特別対談の後編をお送りする。

(『サッカーダイジェスト』2017年10月12日号より転載)

通訳●鈴木國弘
協力●一般社団法人 日伯少年サッカー育成協会

常勝鹿島アントラーズにいまも根付くジーコスピリット「献身」、「尊重」、「誠実」についてうかがいたいのですが?

ジーコ  私は押しつけているわけではありません。経験から、この3つのポイントを大切にすると、成功できると信じていたから、とくに若い選手にアドバイスをしてきました。

竹原 アクアバンクの社訓の最初に出てくるのが、「感謝」と「礼節」なんです。これをなくしては何事も始まらない、スタートです。ビジネスにおいても、おかげ様でというスピリットが一番大事だと思います。

指導者としても、経営者としても、こういった精神は大切なものなのですね。

ジーコ 社長もおっしゃられていましたが、あらゆる状況において大切ですね。私の持っているサッカースクールでも、子どもたちにはチームメイト、コーチや両親、そして相手チームにもリスペクトしなさいと、つねに伝えています。現在の自分に置き換えても、たとえば解説のお仕事をいただく時、スタッフさんへのリスペクトや感謝がないと、いい企画にはならないはずですよね。いま社長と対談させてもらっていますが、これまでやってきたことに対する敬意を持ち、誠実に受け答えしたいと思っています。適当に応えておけばいいや、では、いけません。人間対人間は根本だから。今日はお互いに有意義な時間にしたいですね。

竹原 ありがとうございます。

ジーコさんは年齢も重ねられ、すでに地位も確立していらっしゃいます。それでもサッカーへの情熱は衰えていないように思いますが?

ジーコ サッカーは自分の身体の一部、血になって流れているもの。現役時代の情熱とは質は違いますが、サッカーに対して考える、観る、伝えるという情熱はなくならないですね。なぜ? と聞かれてもよくわからないです(笑)

竹原社長が情熱を持って取り組まれているのが、水素の研究、効果の立証だと思いますが、その水素に注目されたきっかけというのは?

竹原 私がというよりは、慶応大学で水素吸引の学術的な研究がされ、社会的に水素吸引が注目され始めていました。人間の身体の約70%が水でできていて、そして水素は「水の素」と書きます。なにか意味があるなと思いましたし、神秘的に感じました。

水素吸引の現在地は?

竹原 これからです。まだまだ一般的ではありません。科学的に検証して、臨床試験をして、もう少し高い位置から水素を語りたいです。その可能性については50年先、100年先のことを考えれば、本来なら国が研究すべき題材だと思っています。

ジーコ 水素という、見えない、触れられないものを普及させるのは、相当な苦労があるのでは? ただ、地味な活動が、かならず実を結ぶ時がくると思います。誰かがやらないと、新しい世界はこないわけですから。価値のあるチャレンジですね。

アクアバンクさんは、フィギュアスケートの本田真凜選手をスポンサードする他、日伯友好カップをはじめ、さまざまなスポーツイベントにも協賛されていますが、スポーツ業界へ関心が高いのはなぜですか?

竹原 一般の方たちに比べてアスリートは、センシティブで、シビアなところで戦っています。勝負への意識の高い方も多い。そういう世界だからこそ水素の効果が発揮できると思ったんです。

ポータブル水素ガス吸引具 「ケンコス」の詳細はこちら話は変わりますが、今夏話題となった、ネイマール選手の移籍金について、ジーコさんはどのように感じましたか?

ジーコ 昔と違って、サッカーがビッグマネーを生むビジネスだということは誰もが知っています。世界で3本の指に入る選手が移籍するとなれば、それなりの金額になるのは自然なこと。仮にパリ・サンジェルマンに行かなくても、相応の額を得られたのでしょうから、ネイマール本人も、もっと活躍できると思って、移籍を決めたんだと思います。いま言えるのは、莫大な金額が転がり込んだバルセロナが得したのではないか? ということです。

ジーコさんがJリーグにいらしたのは、お金のためではなかったと思いますが。

ジーコ 私の場合は、年齢が年齢でしたしね。パフォーマンスうんぬんよりも、どうやって日本の若手をアマチュアからプロ化していくか、自分のノウハウを伝達することを考えていました。もちろん、何十億というお金は動いていませんが、鹿島アントラーズも、自分もプロの仕事をしたと思っています。

日本でサッカーを開拓する上でたいへんだったことはありますか?

ジーコ ギャップはもちろんありましたよ。環境もまったく違うわけですから。ただ、前情報も持っていましたし、日本が自分を呼んでくれたのは、そういう状況だったからでもあります。だから覚悟を決めて来ました。あまり驚きはなかったですね。

社長も、水素吸引という新しい分野を切り拓いていく上で、ご苦労も多かったのでは?

竹原 まず臨床例が少ない。正直、費用も掛かります。でも誰かがやらないといけない。いろいろな試験をやっていきたいのですが、ネズミやネコでは意味がありません。人間を対象にしないと。

水素吸引の未来については?

竹原 アルツハイマー、認知症治療に水素吸引が寄与する可能性があります。高齢化社会を迎えますし、これからも世界的な規模で研究され、その需要も広がっていくと思います。

ジーコ アクアバンクの商品は医療のほうでも使われているのですか?

竹原 法律の問題もあって医療器具としてはまだ認められていません。日本の法律は、ものすごく厳しいので、まだ可能性の段階です。

ジーコ ブラジルでも医療系の認可は厳しいですから、どこの国でも同じかもしれませんね。良いものであっても時間がかかる。

竹原 努力して、事実を積み重ねていくしか道はありません。

それでは最後に、ジーコさんと対談した感想をお聞かせください。

竹原 スポーツマンとしてももちろんですが、3つのスピリットの話からもわかる通り、お会いして人間としてもすばらしい方だと思いました。

ジーコさんからは、竹原社長にエールをいただけないでしょうか。

ジーコ お話をうかがっていて自分の場合と少し似ているなと感じました。挑戦ですよね。時間がかかる、難しい道なのかもしれません。それでも、人々のためになるんだと信念を持って耐え進んでいただきたい。「ガンバッテクダサイ」。株式会社アクアバンクは、近年、精力的にスポーツ業界を、アスリートたちをバックアップしている。

■協賛している大会、施設
日伯友好カップ(通称:ジーコカップ)
「KAMAMOTO SUMMER SOCCER FESTIVAL」
つくばアカデミーセンター
■サポートしているチーム、選手
本田真凜選手(フィギュア)
中村錬選手(テニス)
府中アスレティックFC(フットサル)
大阪エヴェッサ(バスケットボール)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ADHDの息子が、保育園で「つるし上げ」にあった日
【ヤバイ】とある社長が自社名の関連検索で「ブラック」「倒産」と表示されることに激怒 → とった対策が漆黒すぎる
ストレスを和らげ免疫機能を向上させると言われている10のスーパーハーブ
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
「テレフォン人生相談」で回答者が泣いて説得 41歳の娘の結婚を反対する母親と対決、「保存版」と絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加