小出恵介全カットの『シン・ゴジラ』過去の庵野作品にも

小出恵介全カットの『シン・ゴジラ』過去の庵野作品にも

  • リアルライブ
  • 更新日:2017/11/14
No image

提供:リアルライブ

2016年に公開され大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』が、11月12日に、テレビ朝日系で地上波初オンエアとなった。映画には、今年6月に未成年女性との飲酒と不適切な関係が報じられ、芸能活動の無期限休止に入っている小出恵介が出演している。そのため、放送にあたり小出の取扱に注目が集まっていたが、結果としては「全カット」となった。

「小出は、映画においては、ゴジラの首都東京襲来を受けて、市民に避難を呼びかける消防隊長役を演じています。セリフもある役柄でしたが、物語の主軸には関わらないため、当該シーンを全カットすることで処理されました。結果的にノーカット放送が実現しなかったのは、コアなファンとしては残念でしょう」(映画ライター)

『シン・ゴジラ』の監督を務めた庵野秀明作品は、テレビ放送との相性が何かと悪い。

「2014年に、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版』の2作が、日本テレビ系の『金曜ロードショー』でオンエアされるにあたり、深夜帯で旧作の劇場版『THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』がオンエアされました。この作品は、冒頭に主人公の碇シンジが、アスカの裸を見てオナニーをしたり、心象風景の描写のバックにアダルトビデオの動画が使われるなど、特異な表現が盛り込まれています。こうしたシーンがテレビでどう扱われるのか注目が集まりましたが、今回のように全カットとなったほか、画面が真っ暗になり音声だけが流れるといった処理がなされました。ある意味では、表現の核となる部分ですので残念でしたね」(前出・同)

今回は、出演者の不祥事を受けてとはいえ、庵野作品のノーカットオンエアは、テレビではなかなか実現しないようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『僕だけがいない街』フランスで“歴史を変えるSF漫画”として評価
アクション・スリラー映画『Boss Level(原題)』、メル・ギブソンとフランク・グリロが出演交渉中
「新妹魔王の契約者」新作OVA制作決定!東名阪では2週間限定上映も
実写版『鋼の錬金術師』レビュー大荒れでドラマ『地獄先生ぬ~べ~』放送時の岡野剛先生のツイートが話題に
公開前に見られる!大泉洋主演「探偵はBARにいる3」dTVオンライン試写11・25開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加