自分のiPhoneが低スピード化されていないか調べる方法はコレ

自分のiPhoneが低スピード化されていないか調べる方法はコレ

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/01/12
No image

byOliur Rahman

Appleは「iOS更新によってiPhoneの性能を故意に落としている」と2017年12月に公式に認め、バッテリー交換費用を60%以上値引きするプログラムも発表しています。無料アプリ「Lirum Device Info Lite」を使えば「自分のiPhoneのバッテリーは交換すべきなのだろうか?」ということをサクッと確認することが可能です。

How to easily check to see if Apple is slowing down your iPhone – BGR

http://bgr.com/2018/01/10/iphone-slow-down-after-update-how-to-check/

How to check if Apple is slowing down your iPhone - Business Insider

http://www.businessinsider.com/how-to-check-if-apple-slowing-down-your-iphone-2018-1

まずはApp Storeで「Lirum Device Info Lite」を検索。今回使用した端末では過去にインストールしたことがあったので雲のアイコンとなっていますが、初インストールの人は「インストール」をタップします。

No image

「開く」をタップ。

No image

アプリが起動すると、通知の送信を許可するかどうかを聞かれますが、iPhoneの低速化を調べたいだけであれば通知は不要なので「許可しない」をタップしてOKです。

No image

他面左上のメニューアイコンをタップ。

No image

「This Device」をタップ。

No image

「CPU」をタップすると……

No image

こんな感じの画面が現れます。「CPU Actual Clock」と「CPU Maximum Clock」を比較して、両方の数値が同じであれば低スピードになっていないということ。CPU Actual ClockがCPU Maximum Clockよりも低ければ低スピード化しているということを意味します。なお、iPhone 7の場合はiOS 11.2以上の端末でスピードが落ちているのが確認されています。

No image

iPhone SEで確認してみても低スピードにはなっていませんでした。iPhone 6、6s、SEでは電力マネジメントはiOS 10.2.1から導入されているので、iOS 10.2.1以上の人であれば両者の数字が食い違う可能性があります。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone 8/8 Plusの後継機、ジャパンディスプレイが開発した新型ディスプレイが搭載か
iPhone X、今年で販売終了するかも。新型iPhoneに完全置き換えか
Appleの機密情報保護の責任者が退社、Facebookへ
iPhone X、ノッチ不評で2018年夏には生産終了?秋に新モデル登場か(KGIアナリスト予測)
Netflix、Appleオリジナル動画コンテンツの潜在能力を認める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加