7月末から別メニュー調整だった大宮MF黒川、右脛骨骨膜炎と判明

7月末から別メニュー調整だった大宮MF黒川、右脛骨骨膜炎と判明

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/08/12
No image

[故障者情報]

大宮アルディージャは12日、7月末から別メニューで調整していたMF黒川淳史が検査を受けた結果、右脛骨骨膜炎と診断されたことを発表した。全治などの詳細は公表されず、症状が改善次第、リハビリを開始する予定としている。同選手は今季J1リーグ戦3試合に出場。ルヴァン杯では4試合で1得点を記録していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GAKU-MC、TERU(GLAY)、HAN-KUN(湘南乃風)参戦のエキシビションマッチ、来場者プレゼントが決定!
G大阪“東京五輪の星”で再浮上だ!20歳トリオ積極起用へ
団体戦は8月2日から、南東北インターハイ女子出場51校を一挙紹介!
中島翔哉が新天地に決めた「ポルティモネンセ」とはどんなレベルのチームなのか
[全中]青森山田が史上初の4連覇達成!!鹿児島育英館の粘り凌ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加