ASUS、オーバークロッカー向けのX299マザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」

ASUS、オーバークロッカー向けのX299マザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/14
No image

ASUS JAPANは9月14日、チップセットにIntel X299を搭載し、ハイエンドCPU「Core X」シリーズに対応するE-ATXマザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」を日本市場向けに販売すると発表した。9月15日に発売し、店頭予想価格は税込63,000円前後。

液体窒素による極冷の低温時でもCPUが起動しやすい「LN2モード」などの機能を搭載したオーバークロック特化のマザーボード。特別な電源回路や特別なレイアウトを使用し、 より高いクロックを狙えるように最適化したという。メモリスロットは4基だが、DDR4-4133までサポート。さらに空いたスペースにはM.2用の拡張カード「DIMM.2」を装着するためのスロットを2基備える。

一般的なMOSFETよりも大幅に低いオン抵抗(低RDS)を実現した「PowlRstage IR3555 MOSFET」や、低損失のチョークコイル「MicroFine Alloy Chokes」、長寿命が特徴のコンデンサ「10K Black Metallic Capacitors」を採用。CPU用の電源コネクタを8ピン×2とすることで、オーバークロック時でも電力供給に余裕を持たせるという。

また、基板の裏面に発生する結露を検知する専用回路を搭載するほか、PCがフリーズした際に再起動させる「ReTryボタン」、CMOSをクリアせずにPCの起動が可能な「Safe Bootボタン」、一時的にクロックを下げる「Slowモード」、PCI Expressスロットをオン/オフできる「PCIe x16 Laneスイッチ」などを備える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【iPhone 8/Xの料金まとめ】3キャリアの料金プランを徹底研究
モジュールを組み合わせ、自分だけの時計へ!タグ・ホイヤーのスマートウォッチ
スマホを近くに置くだけで複数台へ同時に給電できるワイヤレス充電端末「Pi」
MasterCard幹部に聞いてみた〜iPhone Xで決済はどう変わるのか?
9/16から始まった「ミニスーパーファミコン」のネット予約は瞬殺!Amazonが転売対策で異例の注意書き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加