最新ランキングをチェックしよう
【漢字トリビア】「介」の成り立ち物語

【漢字トリビア】「介」の成り立ち物語

  • TOKYO FM
  • 更新日:2017/11/22

「漢字」、一文字一文字には、先人たちのどんな想いが込められているのか。時空を超えて、その成り立ちを探るTOKYO FMの「感じて、漢字の世界」。今回の漢字は「介護」「介助」の「介」。人の名前などで使われるときは「すけ」「たすく」などと読ませる漢字です。

「介」という字は象形文字で、人のからだの前と後ろを「鎧(よろい)」のようなものではさんだ形を表しています。
鎧をつけて武装することは、身を守

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
セブンイレブン、生ビールサーバーの提供中止 「当たり前でしょ」と厳しい批判も
ハチミツ二郎が入院「新幹線に乗ってたら死んでた」
子猫が子猫を抱きしめる姿が話題に!その子はハードな過去を持っていた...
高畑充希と坂口健太郎「CM20社・8億円超」のスーパーカップルが結婚へ
どうすれば、年金を貰いながら60歳以降も働くことができるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加