最新ランキングをチェックしよう
【漢字トリビア】「介」の成り立ち物語

【漢字トリビア】「介」の成り立ち物語

  • TOKYO FM
  • 更新日:2017/11/22

「漢字」、一文字一文字には、先人たちのどんな想いが込められているのか。時空を超えて、その成り立ちを探るTOKYO FMの「感じて、漢字の世界」。今回の漢字は「介護」「介助」の「介」。人の名前などで使われるときは「すけ」「たすく」などと読ませる漢字です。

「介」という字は象形文字で、人のからだの前と後ろを「鎧(よろい)」のようなものではさんだ形を表しています。
鎧をつけて武装することは、身を守

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
石田ゆり子が“大開脚秘部見え写真”を公開!こんなに大胆でいいの!?
『欅坂46』今泉佑唯が「半ケツ写真集」に込めた“最後の抵抗”とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加