鼻水などの粘液が「有害になり得る微生物を飼い慣らす」機能を持っていることが判明

鼻水などの粘液が「有害になり得る微生物を飼い慣らす」機能を持っていることが判明

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/10/17

by qimono
「寒い季節になると鼻水が出る」という人も多いはずですが、季節にかかわらず口の中や消化管の中など、人体の多くの箇所はヌルヌルとした粘液で覆われています。人体の粘液について調べていた研究チームが、「粘液には有害になり得る微生物を飼い慣らす機能がある」ことを発見しました。
Mucin glycans attenuate the virulence of Pseudomonas aer

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加