最新ランキングをチェックしよう
鼻水などの粘液が「有害になり得る微生物を飼い慣らす」機能を持っていることが判明

鼻水などの粘液が「有害になり得る微生物を飼い慣らす」機能を持っていることが判明

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/10/17

by qimono
「寒い季節になると鼻水が出る」という人も多いはずですが、季節にかかわらず口の中や消化管の中など、人体の多くの箇所はヌルヌルとした粘液で覆われています。人体の粘液について調べていた研究チームが、「粘液には有害になり得る微生物を飼い慣らす機能がある」ことを発見しました。
Mucin glycans attenuate the virulence of Pseudomonas aer

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界初の人工冬眠を利用した手術が行われる。血液を氷冷生理食塩水に置き換え急速冷却(アメリカ)
おっぱいの美しさを評価する時は男女とも同じ所を見ていることが判明
SpaceXが再使用ドラゴンによる3回目のISS打ち上げに成功
太陽系の惑星それぞれがどんな風に自転しているのか、感覚で理解できる映像
二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加