川崎F小林悠「力が足りなかった」大逆転負けに沈痛

川崎F小林悠「力が足りなかった」大逆転負けに沈痛

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/13
No image

浦和対川崎F 試合後、浦和に敗れ厳しい表情で整列する川崎Fイレブン(撮影・江口和貴)

<ACL:浦和4-1川崎F>◇準々決勝第2戦◇13日◇埼玉

川崎フロンターレのFW小林悠(29)は、ホームの第1戦で3-1とリードしながら、浦和レッズにまさかの大逆転負けを喫しての敗退に、試合後「自分たちの力が足りなかった」と沈痛な表情を浮かべた。

この試合も前半19分にDFエウシーニョ(27)のゴールで先制し、この時点で浦和が勝つには3点差以上の勝利が必要となった。それでも、DF車屋紳太郎(25)が浦和FW興梠慎三の顔面に足を当てて、前半37分に1発退場し、数的不利になると、後半に4失点を喫し、逆転負けした。

小林は「先制点を取って、優位に進むと思ったんですけど…。厳しい試合でも、勝った試合が多かったので、自分たちの力になったと思う。まだ他のタイトルが残っている。それに向かってしっかり切り替えたい」と言葉を振り絞った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
【週末の対戦予定】吉田は“超強力”マンU攻撃陣を封じられるか...首位・鹿島はG大阪と対戦
中村俊輔がJ1で24発目のFK弾! 低い弾道でサイドネットを射抜き決勝点に
“顔面蹴り”きっかけで前半に2人負傷退場...残留争う札幌vs新潟は序盤からアクシデント続出
元日本代表GK曽ヶ端、まさかの“よそ見”で失点 シュートに反応遅れる痛恨の凡ミス

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加