吉岡里帆&浅香航大の同い年対談実現!! 「レディ・ダ・ヴィンチの診断」水着シーン撮影裏話

吉岡里帆&浅香航大の同い年対談実現!! 「レディ・ダ・ヴィンチの診断」水着シーン撮影裏話

  • TVガイド
  • 更新日:2016/10/18
No image

地上波民放連続ドラマ初主演の吉田羊が演じる天才外科医・橘志帆を中心に、解析診断部の女性医師7人が原因不明の病に立ち向かう、爽快な医療ミステリードラマ「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)。10月18日放送の第2話では、メディカルチームのメンバーで、研修医の田丸綾香役で出演中の吉岡里帆が、初披露となる“スポーツ水着”に身を包み、体当たりで撮影に臨んでいる。

今回の患者は、世界大会でメダルを目指す有名水泳選手・南野和己(浅香航大)。全身の倦怠感と筋力低下を訴えALS(筋萎縮性側索硬化症)の疑いが持たれている。そんな南野からセカンドオピニオンとして、診断依頼を受けた解析診断部が、原因の解明に乗りだすという展開だ。

血液検査など正攻法で攻める解析診断部長の岩倉葉子(伊藤蘭)に対し、志帆はプールで綾香にスポーツ水着を着用させ、なぜか「50メートルクロール10本」を命じる。突拍子もない展開だが、どうやら志帆なりの病因特定へのアプローチのようだ。

この一見涼やかなプールシーンの撮影だが、湿気に満ち、したたる汗や喉の渇きとの闘いだったとのこと。本番では飛び込みから、泳ぎまで全て吹き替えなしで臨んだ吉岡は、この撮影のためにスタント指導のスタッフから猛特訓を受けた。本番前には「イケそうな気がする!」と自信を見せていたものの、パッシャーン!と派手な水音を立て、腹打ちならぬ“額打ち”状態になってしまい、水から顔を出し「おでこが痛い…」とつぶやいたという。すかさず「指先からスッと水に入ること、脚を曲げないことをイメージして」と細やかなアドバイスを受けると、それを受け「ハイ!」と勇気を取り戻し、本番へ。2回目で見事飛び込みに成功し、そのまま快調に泳ぎ、「カット」の声で顔を上げた吉岡は、監督の「OK!」に満面の笑みを浮かべた。その後も全力で泳ぐ吉岡。吉田のせりふ「Take your mark」の発音の良さにも現場は大盛り上がりだった。審判台の上に座って“スパルタ感”満載でむちゃぶりする吉田の姿も必見だ。

No image
No image

撮影を終えて吉岡は、「プールの飛び込み台から飛び込むのは初めてで、スポーツ用の水着をドラマで着たのも初めてでした。全部で4、5回は飛び込みました。インストラクターの方が動画を撮ってくださっていたのですが、大笑いしながらそれを見せてくれて…おなかから落ちていたみたいです(笑)。さらに、空中では脚を伸ばさないといけないのにバタバタしていたみたいで、それも大笑いされました。自分では真剣にやっていたんですけど、空中でバタ足をしてたんですね、簡単に言うと(笑)」と笑顔で飛び込みシーンを振り返った。

No image

さらに、第2話ゲストの水泳選手・南野役で出演した浅香と吉岡の対談が実現。今回初共演となる同い年の二人が、撮影の裏側と今後の目標を語り合った。

――研修医と謎の病に苦しむアスリート。この関係性で感じたものは?

吉岡「実際に同い年で、劇中でも年が近くて親を亡くしている共通点が二人にはありました。そうした個人的な設定で感情移入がしやすいから、綾香もシンパシーを感じながら患者さんに接することができました。これは、ほかの回とは全然違うアプローチだったと思います。私の個人的な意味でも大きかったです」
浅香「南野が田丸先生に自分のことを打ち明けるシーンが結構あって、田丸先生がきっかけで心が動く場面が多かった。心情的にすごく寄り添ってもらいました。それを南野は表に出さないけど、田丸先生の存在があったから動かされたことはよく分かっている。研修医として頑張っている姿にも影響されたし、橘先生たち病院内の先生同士の関係性にも心を打たれるものがあって。アスリートとドクター。違う環境にいる人々の心をつなぐのは何なのか、そこに僕自身も心を動かされました」

――泳ぎのシーンが二人ともありましたね。

浅香「僕は水泳の経験があったのである程度はできたんです。3回個別指導を受けて撮影に臨みました。その設備がまた立派で、上からも横からも録画できるし、指導の先生もすごいんです。自分でいうのもなんですけど、自分の目で見ても違いが分かるほどに技術的に進歩でき、自信が持てました。やりがいもあったし、すごく楽しかったです!」
吉岡「水泳の撮影は私もすごく楽しかったです。だけど、南野の泳ぎとは、非常に分かりやすく対照的なカットになりましたよね。私はぶっつけ本番。スタッフの方々に『気合入れろ!』とか言われて(笑)」
浅香「ええ~。そんな感じだったの?」
吉岡「『脚を伸ばしたら、なんとか様になるから!』と言われ、伸ばして立って飛び込んで、スタッフの方が回す動画カメラで撮った映像をみんなで見て、大爆笑されて終わるという(笑)。浅香くんの撮影とは対照的でしょ? 泳ぐことは大好きだから、うまい下手は関係なく、撮影は楽しかったです」
浅香「気持ち的には楽だった?」
吉岡「まあね。下手くそでいいって言われたから。なのに、すごく下手に飛んだら『もう一回!』と監督はちょっと不服そう(笑)。頑張ってもう1回飛びましたけど!」

――今後の役者としての目標は?

吉岡「10代で小劇場に出会ってから、やりたいことはずっと変わっていなくて。本当に面白いものを、その時に出会った人たちと作りたいというシンプルな思いでずっと来ているし、これからも同じだと思います。何も変わらず、ただ、何か作ろうとしている人たちと一緒に、よりいいものを残せる役者になりたい。作品の一部になれる人になりたいといつも思っています」
浅香「僕はもともと、刺激が欲しくて役者を始めたので、人のために生きたいと思います。人のために生きたいし、信じられるものは何なのか、ということを伝えていければと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川原結衣の妊娠報告をロンブー淳が批判 「アイドルなら避妊しろ」
現役アイドルがまさかすぎる形で引退を発表「この度私の妊娠が発覚しました」
山下智久、事務所との決裂危機を救ったあの人物のひと言「僕と契約しよう」
及川奈央 41歳会社員と結婚「自然体でいられる」
石田ゆり子が“まだ独身”のワケは...「結婚しない美女優たち」のウラ事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加