北アルプスで雪崩 東工大生3人巻き込まれ1人が死亡

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/29

2016年11月29日の午前8時半ごろ、富山県立山町の北アルプス立山連峰で雪崩が発生し、登山中だった大学生6人のうち3人が巻き込まれ、うち1人が死亡した。

同県上市警察署によると、雪崩は立山連峰の標高およそ2500メートル、室堂付近で発生し、登山中だった東京工業大のワンダーフォーゲル部員6人のうち3人が巻き込まれた。このうち1人は救出時点で意識不明の重体で、搬送先の病院で死亡が確認された。1人は低体温と肺炎症の軽傷で、1人は無事だった。

室堂周辺では27日にも雪崩が複数回発生しており、同県山岳遭難対策協議会はホームページ上で「非常に危険な状態」として注意喚起していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
5日2時48分頃 - 最大震度 2 - 震源地 宮城県沖
財務省主張に文科省ブチ切れ 教職員5万人削減は「暴論」
地下鉄の階段に軽ワゴンが誤って進入 東京
タクシーが病院に...亡くなった男性の仮通夜
愛子さま15歳 動物病院から譲り受けた子猫のセブンを初公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加