もうすぐ発売のiPhone11、電池の持ちが大幅に良くなるかも。USBCでの高速充電も

もうすぐ発売のiPhone11、電池の持ちが大幅に良くなるかも。USBCでの高速充電も

  • MdN
  • 更新日:2019/08/22
No image

イメージ

Apple系のニュースを主に扱うMacRumorsは、2019年版のiPhone11シリーズについて、2018年版よりも大幅にバッテリー容量を増やすモデルがあることを報じている。

2019年のiPhoneは、5.8インチのOLED(iPhone 11 Pro)、6.5インチのOLED(iPhone 11 Pro Max)、6.1インチのLCDモデル(iPhone 11R※いずれも仮称)の3モデルが同時発売される可能性が高い。

機能面では、ハイエンドはトリプルカメラ、廉価版もデュアルカメラ、それぞれA13プロセッサ搭載、Face ID搭載、ノッチデザインはそのまま、3D Touchは非対応になるとされている。

そして背面パネルの改良によりiPhone自体をバッテリーとして、Apple WatchやAirPodsなどのウェアラブルデバイスを充電できる「双方向充電」に対応する。

そのため、バッテリー容量はiPhone XSの後継iPhone 11 Proは3,200mAh(約20%増)、iPhone XS Maxの後継iPhone 11 Pro Maxは3,500mAh(約10%増)、iPhone XRの後継iPhone 11Rは3,000mAh(約2%増※他サイトでは3110mAhという主張もある)とそれぞれアップするという。

さらに、充電機器に関する情報を提供する「ChargerLAB(@chargerlab)」は、TwitterでiPhone 11のパッケージにUSB-Cタイプのアダプタが同梱されるという情報を発している。

No image

イメージ

このアダプタが高速充電対応タイプだとすると、iPhone11はUSBC-Lightningケーブルを使っての高速充電が可能になる。

ここ数日、Apple Pencil対応など、新情報が出てきているiPhone11。発売まで1ヶ月を切って、これからはさらなるリーク情報も期待できる。

MacRumors
URL:https://www.macrumors.com/2019/08/21/digitimes-on-2019-iphones/
2019/08/22

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple Watchの重さはステンレス>セラミック>チタン>アルミ
小さな文字が見えづらい人はiPhoneを虫眼鏡代わりに使ってみよう!
昔とは意味が変わった、iPhoneの“実質価格” 今は下取り
iPhone11 Pro、カメラレンズ周囲にホコリが大量に付着した画像が物議醸す
iPhone 11、私の注目ポイントは「機能以上にお安くなったお値段」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加