千葉中央駅西口ビル、建て替えへ 地上8階建てに店舗、ホテルなど入居

千葉中央駅西口ビル、建て替えへ 地上8階建てに店舗、ホテルなど入居

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2018/04/17

2021年秋オープン予定

京成電鉄は2018年4月16日(月)、千葉中央駅(千葉市中央区)に直結している「千葉中央駅西口ビル」の建て替えに着手すると発表しました。

No image

新しい「千葉中央駅西口ビル」(仮称)のイメージ(画像:京成電鉄)。

同ビルは1967(昭和42)年に開業。現在はフードコートやレストランなどが入居していますが、老朽化が進んだことから建て替えに着手されます。

新しいビルは地上8階建てで、敷地面積約2300平方メートル、延床面積約1万1000平方メートル。1~6階に店舗やオフィス、7・8階にホテルが入ります。2018年8月に着工し、2021年秋に完成、オープンを迎える予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダ最小のタイプR? スモールRSコンセプト発表...インドネシアモーターショー2018
この集客力はすごい!台湾の百貨店が日本物産展―台湾メディア
日産 スキラッチ副社長「日本は一番早く電動化が進む」...2022年度までにEVとe-POWER計8車種投入
日産社外取締役に女性レーサー=検査不正で2役員退任
4月26日「バーチャルYouTuber人気の理由」を3時間で知り尽くす講座を緊急開催!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加