自民・森山裕国対委員長「希望の結成経緯から国民の理解得られぬ」 民進との統一会派結成に疑問

自民・森山裕国対委員長「希望の結成経緯から国民の理解得られぬ」 民進との統一会派結成に疑問

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/15

自民党の森山裕国対委員長は14日午後、鹿児島県曽於市内で講演し、希望の党と民進党が国会での統一会派結成について大筋合意したことについて「一つの会派は同じ政治行動を取るのが原則だ。希望の党が結成された経過からして、国民の理解が得られるのか」と疑問を呈した。

昨年10月の衆院選で、希望の党が民進党を事実上解党させる形で臨んだ経緯に触れ、「政治の信頼につながる話であり、説明責任をを果たされることが大事だ」と述べた。

No image

地元で講演する自民党の森山裕国対委員長=14日午後、鹿児島県曽於市

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ノーベル平和賞ICANが安倍首相に言いかがり?「日本は国際社会の仲間外れ」
赤旗が「統一会派に加わったら裏切りになる16人の民進党議員リスト」掲載
民進・希望の統一会派交渉が決裂
立憲・枝野代表「無所属の会」との交渉には前向き
「ドタキャンなんかしてません!」 菅官房長官、東京新聞望月記者に声荒らげる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加