【神戸製鋼データ改竄】神戸製鋼トップが否定していた鉄鋼製品でも不正発覚 緊急会見へ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/13

アルミ・銅製品で、顧客からの仕様に適合しているように性能データを改竄(かいざん)していた神戸製鋼所で、主力の鉄鋼製品でも不正行為があったことが13日、わかった。12日に記者会見した川崎博也会長兼社長が「鉄鋼事業での不正は現時点ではない」と、明言した直後に、その鉄鋼製品でも不正発覚したことになる。一連の問題に対する調査体制や企業統治の面に加え、川崎氏の経営トップとしての資質まで問われる事態となりそうだ。

鉄鋼製品に加え、アルミ・銅事業でも新たな不適切事案が確認できたもようで、13日午後にも緊急の記者会見を開き、川崎氏が出席し、釈明する予定だ。

新たに問題が発覚したのは、自動車のエンジン部品やサスペンション、ボルト、ナットなどに使用する「線材」と呼ばれる鉄鋼製品。海外事業での案件だが、アルミ・銅製品のような「データ改竄ではない」(秘書広報部)という。

鉄鋼製品ではこれまで、自動車部品などの材料となる鉄粉の1製品で、データ改竄が判明していたが、同社が強みを持つ自動車関連の主力鉄鋼製品にも不正があったことで、信用低下は避けられない見通し。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
神鋼、日産...不祥事に歯止めがかからない 再発防止策を徹底直後に不正露見 「係長と課長のコミュニケーションギャップ」?
スイスに欧州最大の淡水水族館オープン 「5大陸めぐる旅」を体験
世界生産1億台、「スーパーカブ」がモデルチェンジ(写真17枚)
日産自動車、6工場で出荷を停止 無資格作業員が完成検査に従事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加