最新ランキングをチェックしよう
10月18日のNY為替概況

10月18日のNY為替概況

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19

株式会社フィスコ
 18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円20銭から103円74銭へ反落し103円85銭で引けた。米国の9月消費者物価(CPI)コア指数の低下を受けた債券利回りの低下で、ドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは、1.1013ドルから1.0970ドルまで下落し1.0980ドルで引けた。ユーロポンド絡みの売りが優勢となった。ユーロ・円は、114円46銭から114円00銭へ下落

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
「格安スマホ」もっと安く 携帯大手3社が接続料10〜20%引き下げへ
【動画】軽自動車「三菱 ミニカ」に大型バイク「ニンジャ ZX-9R」のエンジンを搭載すると “羊の皮をかぶった狼” みたいな走りになる
大塚家具の久美子社長が窮地 父の経営復帰を求める声も
紳士服のAOKI、利益50%減。「脱スーツ」の先にあった落とし穴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加