最新ランキングをチェックしよう
10月18日のNY為替概況

10月18日のNY為替概況

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19

株式会社フィスコ
 18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円20銭から103円74銭へ反落し103円85銭で引けた。米国の9月消費者物価(CPI)コア指数の低下を受けた債券利回りの低下で、ドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは、1.1013ドルから1.0970ドルまで下落し1.0980ドルで引けた。ユーロポンド絡みの売りが優勢となった。ユーロ・円は、114円46銭から114円00銭へ下落

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東芝社員19万人、さようなら...実はさらに1兆円の「隠れ損失」が!
「ワークライフバランス」では手に入れられないこと
この奇妙なタイヤが、月面を走るのに最適だった──日本の民間探査機「SORATO」12月打ち上げ
ストロング&アメリカンテイストたっぷりの新型『ワゴンR スティングレーHV T』
貸家の建築急増中!内閣府も懸念「貸家バブル」の背景 サブリースでも問題顕在化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加