「ビックリした」 ベストヤングプレーヤー賞受賞の柏DF中山雄太

「ビックリした」 ベストヤングプレーヤー賞受賞の柏DF中山雄太

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/05
No image

Jリーグは5日、横浜アリーナで「2017 Jリーグアウォーズ」を開催した。ベストヤングプレーヤー賞は柏レイソルDF中山雄太が受賞。柏からの選出は、11年に選出されたDF酒井宏樹(現マルセイユ)に次いで2人目となった。

柏の下部組織で育った中山は15年にトップチーム昇格。初年度こそ、J1リーグでの出場は1試合に限られたが(J3に参加していたJ-22で12試合出場)、16年にはシーズン途中にレギュラーポジションを奪取して26試合に出場。背番号を5に変更した今季は、5月にU-20日本代表の一員としてU-20W杯に出場のためにチームを一時離れたものの、自身最多となる30試合出場を果たし、飛躍の年とした。

中山は「非常に光栄だし、うれしいです。僕自身ではなく、今ま応援してくれたサポーターやチームメイト、たくさんの方々の力があってこそなので本当に感謝したい」と感謝を示しつつ、「選ばれたときもビックリした」と本音も。東京五輪世代の一員として「まずは選ばれるように頑張りたいし、選ばれたら皆さんに感動を与えられるように頑張りたい」と大舞台に向けて意気込みを示した。

(取材・文 折戸岳彦)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あまりの惨敗に田嶋会長が激怒!「日本代表選手としての誇りを持ってるのか」
今野泰幸、相手に自由与えたことを悔やむ「全くプレッシャーかからなかった」
GK中村4失点「情けない」FW伊東も難しさ痛感
【釜本邦茂】韓国選手の感情の昂ぶりを理解していなかった日本は、受け身に回って淡々と...
金田喜稔が韓国戦を斬る!「ショックな敗戦。ハリルにこのまま任せていいのか疑問符が」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加