「FNS歌謡祭」で話題になった“赤い人”とは!? 【視聴熱】12/6デイリーランキング

「FNS歌謡祭」で話題になった“赤い人”とは!? 【視聴熱】12/6デイリーランキング

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/12/07
No image

「FNS歌謡祭」に出演した東方神起が1位を獲得。12月6日“視聴熱”デイリーランキング 人物部門

webサイト「ザテレビジョン」では、12月6日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】最終回を迎えた「奥様は、取り扱い注意」の順位は? 12月6日“視聴熱”デイリーランキング ドラマ部門

■ 人物ランキング 「FNS歌謡祭」出演の東方神起に注目が

1位 東方神起/2位 嵐/3位 羽生結弦

東方神起…12月6日放送の「2017 FNS歌謡祭 第1夜」(フジ系)に出演。5人組だった時代にリリースした名曲「どうして君を好きになってしまったんだろう?」の他、放送中のドラマ「明日の約束」(毎週火夜9:00-9:54、フジ系)の主題歌である新曲「Reboot」をテレビ初披露。新曲について「前よりもっとスタイリッシュなパフォーマンスを追求してきましたので、ぜひチェックしてほしいです」とコメントしたユンホについては、特にダンスの上手さがファン以外にも話題となり、赤い衣装にちなんで「赤い人」と呼ばれてSNSで盛り上がりを見せた。

■ ドラマランキング 「奥様は、取り扱い注意」ラストに衝撃の展開が!

1位 奥様は、取り扱い注意/2位 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命/3位 陸王

奥様は、取り扱い注意…12月6日に最終回を迎えた。菜美(綾瀬はるか)は、夫の勇輝(西島秀俊)が公安の人間だと小雪(西尾まり)から知らされる。その夜、史上最大の夫婦喧嘩が勃発するが、互いの愛を再確認した2人は一時休戦する。そんな中、菜美は優里(広末涼子)と京子(本田翼)を助けるため、横溝(玉山鉄二)と対決。激しいバトルの中で、自分が求めているものが“平凡な幸せ”でなかったことに気付いてしまう。ラストは自宅に菜美が戻ると銃声が鳴り響くという衝撃の展開に。「どうなったの?」と困惑する声が相次いだ。原案・脚本を担当した金城一紀は、最終話放送前に自身のTwitterに「僕が描きたかったテーマがこれでもかと盛り込まれています」と綴った。

■ アニメランキング “けもフレ”が「Yahoo!検索大賞2017」の“アニメ部門賞”を受賞

1位 けものフレンズ/2位 宝石の国/3位 学園ハンサム

けものフレンズ…「けものフレンズ」が、Yahoo!の検索サービスで前年に比べて最も検索数が上昇した人物やカルチャーなどを表彰する「Yahoo!検索大賞2017」の“アニメ部門賞”を受賞。12月6日に発表会が開かれ、出席したサーバル役の尾崎由香は「すっごーい! みんな検索が大好きなフレンズなんだね!!」と喜んだ。その後、“けもフレ”のキャスト陣が続々とSNSで感謝の言葉を述べ、尾崎は同賞の“今年の顔”と“お笑い芸人部門賞”に選ばれたブルゾンちえみとのツーショット写真を投稿して喜びを伝えた。

■ バラエティーランキング “ヘリコプターペアレント”にさまざまな意見が

1位 水曜日のダウンタウン/2位 ねほりんぱほりん/3位 嵐にしやがれ

ねほりんぱほりん…12月6日の放送は、過保護・過干渉な親“ヘリコプターペアレント”について迫った。中学3年生の娘を持つ母親が登場し、「去年まで尿検査を手伝っていた」「娘は母の指示がないと、真夏でもエアコンをつけない」「娘のスマホを監視」など、驚くべき親子の関係が明らかに。これに対し、ネットでは「子供を心配してるんじゃなくて信頼してない」「娘に幸せになってほしいじゃなく、“私の努力で”幸せになってほしい」「これは虐待と同じ」など厳しい声が寄せられた。

■ 熱トピ 瞬間翻訳ツールのイメージキャラクターに草なぎ剛が就任

つよぽんイリー…12月6日に先行販売された瞬間翻訳ツール「ili(イリー)」のイメージキャラクターに草なぎ剛が就任。就任発表の様子はYouTubeで中継され、「#つよぽんイリー」で草なぎに翻訳してほしい言葉が募集された。また、夜には東京・浅草を訪れた草なぎが外国人観光客を相手にiliを試す様子も配信。さらに、草なぎは自身のTwitterで、iliをテーマにした歌をギターの弾き語りで披露した。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。(ザテレビジョン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドクターX「衝撃ラストシーン」にネット騒然!
ブルゾンちえみ活躍の裏にあった波田陽区の存在
春風亭昇太が謝罪「笑点始まって以来の不祥事」
『ドクターX』泣き崩れる大門とアキラさんで完璧な最終回...続編めぐり米倉が意味深発言
「そんな終わり方ある?」視聴者の不満が爆発! 2017年下半期“ダメ最終回”ドラマは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加