ヤクルト新外国人カラシティー獲得 155キロ右腕

ヤクルト新外国人カラシティー獲得 155キロ右腕

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05
No image

ヤクルト奥村国際グループ担当部長

ヤクルトは5日、前シカゴ・カブス傘下の3Aでプレーしたマット・カラシティー投手(26)を獲得したと発表した。

背番号は37で既婚。1年契約で推定年俸は70万ドル(約7700万円)プラス出来高。191センチ、92キロの長身で150キロ台の速球と落差のあるフォークボールなどが持ち味。球団を通じて「東京ヤクルトスワローズの一員となれる機会をいただき、とても興奮しています。今から、素晴らしい文化を持った美しい日本で、ファンの皆さんの前でプレーすることをとても楽しみにしています。東京ヤクルトスワローズという素晴らしいチームの一員という誇りをしっかり持って、毎回マウンドに上がりますので、たくさんの応援をお願いします」とコメントした。

奥村国際グループ担当部長は「期待するところは後ろ。9回に回ってくれたらいい。僕の(スピード)ガンでは155キロくらい投げる。力任せで行かず、緩急がある」と頭脳的な投球術も武器だと話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天の今江がこども病院訪問 入院中の子供と交流「元気になってもらえるプレーを」
大谷翔平のメディカル情報漏えいでMLB機構が調査開始と米報道
オリックス1位・田嶋が社会人ベストナイン プロ1年目の目標は「10勝」
ヤクルト鵜久森は150万減でサイン「後半1度も打席に立てなかった。力不足」
中心選手が続々、59人中47人が1軍でプレー 西武過去10年のドラフト査定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加