川口能活「リスペクトし過ぎるな」 衝撃受けた“バティゴール”の教訓

川口能活「リスペクトし過ぎるな」 衝撃受けた“バティゴール”の教訓

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

◇【レジェンドからの言葉(2)】川口能活

No image

98年W杯フランス大会アルゼンチン戦で川口をかわし、先制ゴールを決めるバティストゥータ(AP)

98年から4大会連続でW杯に選出されたのが日本が誇る守護神の川口能活(42=J3相模原)だ。スーパーセーブで何度もピンチを救ったGKが衝撃の一発を振り返るとともに、世界的ストライカーへ対峙(たいじ)する際の心構えを語った。

川口にとって今も大きな財産となっている、衝撃の一発がある。

「ワールドクラスの選手だなというのを痛感した瞬間でした」

日本がW杯に初出場した98年フランス大会。当時22歳だった川口はその歴史的瞬間をピッチ上で迎えた。初戦はスター軍団のアルゼンチン。その中に世界的ストライカーのバティストゥータもいた。

0―0の前半28分。バティストゥータにボールが渡る。川口は分析ビデオで目に焼き付けていた強烈なシュートを想定して身を投げ出した。すると相手は瞬時に判断を変え、ループシュートでネットを揺らした。

「そこで判断を変えるのか…」

初めてのW杯。「挑戦したかった舞台に立てた喜びがあった」という川口は、世界トップの選手に対し臆することなく、果敢に駆け引きを仕掛けた。その姿勢が数々の好セーブを生み、23本のシュートを浴びながら失点はわずか1に抑えた。結果は敗戦だったが、世界基準を体感したことが何よりの収穫だった。「自分のスキル向上に本当に良い経験になった」とその後のレベルアップにつなげた。

GKで日本選手として初めて海を渡り、自身3度目のW杯となった06年ドイツ大会。クロアチア戦では、0―0の前半21分にスルナのPKを阻止した。「シュートに対する反応とか、彼らが悔しそうな顔を見るとさらに闘争心が湧いてくる」。相手が格上であればあるほど燃え上がる本能。「勝ちにはつながらなかった」と残念な思いもあった一方、4年に一度の祭典は「プレッシャーもあったけど楽しんだ」。だからこそ、スーパーセーブも出た。

ロシア大会ではポーランドはレバンドフスキ、セネガルはマネと世界的ストライカーが日本を待ち受けている。川口は「リスペクトしつつも、し過ぎないで彼らに挑む。彼らのシュートを防いだときの喜びというのを常に頭にイメージする」と、自身の経験を重ね、守護神の“後継者”たちへの期待を口にした。

加えて西野新監督は川口が17歳のとき、U―19日本代表に飛び級で抜てきしてくれた指揮官でもある。96年アトランタ五輪ではともに「マイアミの奇跡」を演じた。「勝負に対してシビアな決断をする方。勝負運も持っていますし、僕はやってくれると信じている」。手腕を知り尽くしているだけに、川口は恩師の“奇跡再現”を信じて疑わない。

【川口とW杯】

▽98年フランス大会 1次リーグ初戦のアルゼンチン戦は猛攻に遭いながら1失点に抑え0―1。続くクロアチア戦も最少失点ながら連敗した。ジャマイカ戦は1―2と初挑戦は世界の壁を痛感した。

▽02年日韓大会 楢崎に次ぐ第2GKで出場機会なし。

▽06年ドイツ大会 1次リーグ初戦のオーストラリア戦は再三の好セーブも終盤の失点で1―3で逆転負け。2戦目のクロアチア戦は0―0のスコアレスドローに持ち込んだ。3戦目のブラジル戦も1―4で敗れたが、川口自身は決定機を防ぐ場面もあり、奮闘した。

▽10年南アフリカ大会 サプライズ招集され、出場機会はなかったが、チームをまとめる役割を果たした。

◆川口 能活(かわぐち・よしかつ)1975年(昭50)8月15日生まれ、静岡県富士市出身の42歳。94年に清水商(現清水桜ケ丘高)から横浜M入り。01年にイングランド2部のポーツマスに移籍。デンマークのノアシェランを経て05年に磐田に加入し、16年からJ3相模原でプレー。W杯には98年から4大会連続で選出。国際Aマッチ出場は116試合。1メートル80、77キロ。利き足は右。

≪守護神射止めるのは?≫ハリルジャパン時代のGKはテストが続いた中で経験と安定感から川島(メス)が守護神の座に最も近かった。川島は10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会にレギュラーとして出場。安定したセービングが魅力だ。長く海外クラブに所属し大舞台にも動じない。進境著しいのが23歳の中村(柏)。シュートに対する反応は鋭く、クラブでも決定機を再三、防いでいる。ハリルジャパンで一時、主戦となった西川(浦和)は正確なキックでビルドアップにも貢献できる。東口(G大阪)も総合力が高く計算できる。代表候補のタイプはさまざま。西野新監督の目指すスタイルに合致する選手が守護神の座を射止めそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ハリル解任理由は彼との“冷戦”か」「西野が呼ぶのは確実」W杯ライバル国が本田の復活を警戒
酒井宏樹にアクシデント...前半途中で交代、左ひざ負傷か
[関東大会予選] 「普通の都立高校」狛江が日常から積み重ねて東京4強入り!!
篠原信一「前の監督は何をしていた?」敗因は指導の違い
真野恵里菜インスタに「いいね!」1万2000件、結婚に祝福の声

サッカー日本代表のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加