U18日本代表、4投手で完封リレー!佐々木、最速153キロで締めた!

U18日本代表、4投手で完封リレー!佐々木、最速153キロで締めた!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/25

◇練習試合 高校日本代表2―0大学生チーム(2019年8月24日)

No image

<高校日本代表練習試合>練習試合で力投する佐々木(撮影・木村 揚輔)

「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」(30日開幕、韓国・機張=キジャン)に出場する高校日本代表が24日、都内近郊で大学生チームと練習試合を行い、4投手の完封リレーで接戦を制した。

先発の宮城大弥投手(3年)が3回1安打無失点、2番手・西純矢投手(3年)が3回2安打無失点、3番手・林優樹投手(3年)が2回2安打無失点とバトンをつなぐと、9回は163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)が締めた。

佐々木は先頭を133キロのスライダーで空振り三振に斬ると、後続は二飛、四球、遊ゴロ。最速は153キロを計測し、日本代表初実戦で実力を示した。

高校日本代表は、DHを使わずに投手も打席に立たせて試合に臨んだ。指揮を執る永田裕治監督は、この試合を本大会の選手起用について判断材料と位置づけていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武がどうしても欲しい逸材。「即戦力投手」と「秋山翔吾の後継者」
娘2歳、ついに「下ネタブーム期」がやってきた!なぜその言葉が好きなんだい。
永川、館山の引退決断で残るは6人... “松坂世代”の現在地、阪神・藤川の輝き際立つ
“嫌われる勇気がある男“宮本慎也ヘッドは、なぜヤクルトに必要か
ハム中田、執念ヘッスラにファン喝采「これだから翔が好き」鷹・今宮の好守称える声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加