13日の香港市場概況:ハンセン0.2%高と反発、AIAや瑞声科技が最高値更新

13日の香港市場概況:ハンセン0.2%高と反発、AIAや瑞声科技が最高値更新

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/13
No image

株式会社フィスコ

週明け13日の香港市場は、全体として底堅い値動きとなっている。本土企業株で構成されるH株指数が前営業日61.30ポイント(0.52%)安の11684.51ポイントと3日ぶりに反落したものの、主要50銘柄で構成されるハンセン指数は前日比61.26ポイント(0.21%)高の29182.18ポイントと反発した。売買代金は1153億5100万香港ドルと高水準が続いている(10日は1094億1300万香港ドル)。

個別銘柄の上昇が相場を支える流れ。生命保険業務アジア大手のAIAグループ(1299/HK)が6.0%高、小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が5.8%高と値を上げた。2銘柄でハンセン指数を164.33ポイント押し上げている。AIAについては、中国政府による金融業の外資規制緩和が追い風。モルガン・スタンレーは最新リポートで、外資規制緩和は、同社の中国事業に新たなビジネスチャンスをもたらし、そのバリュエーション上昇を後押しすると指摘した。同社株は上場来高値を更新している。瑞声科技に関しては、7~9月期業績の2割増益が引き続き手がかり。連日で最高値を切り上げた。

半導体セクターも高い。ICファウンドリー中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が3.8%、同業の華虹半導体(ファホンセミコンダクター:1347/HK)が2.1%、ICパッケージング・テスティング機器最大手のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が4.9%ずつ上昇した。華虹半導体とASMはそろって最高値を更新している。

ハンセン指数の構成銘柄入れ替えを材料にした動きも目立つ。新規採用が決まった光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)と不動産デベロッパーの碧桂園HD(カントリー・ガーデン・ホールディングス:2007/HK)がそれぞれ6.0%高、5.7%高と急伸。半面、除外が決まった国泰航空(キャセイ航空:293/HK)と昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)はそれぞれ1.0%安、3.9%安と売られた。今回の入れ替えは12月4日付で発効する。

一方、H株保険セクターがさえない。中国人民財産保険(2328/HK)が2.2%、中国人民保険集団(1339/HK)が2.1%、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が2.0%、中国太平洋保険集団(2601/HK)が1.4%ずつ下落した。

本土市場は小幅ながら6日続伸。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.44%高の3447.84ポイントで取引を終えた。銀行株が相場けん引。自動車株、消費関連株、ITハイテク関連株なども買われた。「上海自由貿易港」関連の銘柄もしっかり。

【亜州IR】

<CS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
全米で「毎日1000台」売れる車、トヨタ・カムリが大変身
アマゾンの競合商品販売禁止 露骨な自社優先、日本人の国民性と相いれず ネット通販シェア拡大の足かせに
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加